Agua De Annique「Air」(2007)

air.jpg


The Gatheringの看板Vo、Annek van Giersbergenが2007年夏のThe Gathering脱退後に結成した新バンドの1st。発売が同年10月だから、新バンド結成自体は脱退発表のかなり前から準備されていたものと推察される。いきなり本題からずれるがジャケ写のスチュワーデス姿はAnnek本人。彼女、The Gatheringの昔の写真を見てもそうなのだが、写真写りがあまりよろしくない。The Gathering在籍時のラスト作となったDVD「A Noise Severe」を見ればわかるが、動く彼女は美形とは言えないまでもチャーミングなお方である。

さて本題であるところの作品の中身について。The Gathering在籍時のラスト・スタジオ作「Home」以前の作品が未聴なので連続性という観点では語れないが、どことなくアンニュイなムードを漂わせつつもところどころに小さな起伏が用意されている、というアルバムのキャラクターは「Home」とそう大きく変わるところはない。

アルバム全体の色彩は「Air」のほうが圧倒的にカラフルで、ノイジーなギターが前面に出ている曲もある。ただ、個々の楽曲の出来は悪くないのだが、多様なカラーの楽曲が逆にバンドとしてのアイデンティティが未だ模索中であることを感じさせ、時にささやくように優しく歌い、時にヒステリックなファルセットを響かせるAnnekの歌唱もどことなく手探り感があり、The Gathering時代の圧倒的な説得力を再現するには至っていないように思える。

まあ、そのあたりは作品を重ねていくうちに解消されていくだろうから、今後に期待したい。個人的なベスト・トラックは7曲目の"Ice Water"。6拍子のゆったりした曲調で、青空を感じさせる広がりのあるメロディと力強さと優しさを併せ持った母性を感じさせるヴォーカルが印象的。改めて、表現力のあるいいヴォーカリストだな、と思った。

0 Comments

Leave a comment