デーモン小暮閣下@大阪BIG CAT(2008.4.26) 

だいぶ体調も上向いてきた(あ、MRI検査の結果は異常なしでした)ので、気晴らしというかガス抜きがてらに当日券が出ていたデーモン小暮閣下のライヴを観てきた。実は聖飢魔II時代も含めて、閣下のロック・パフォーマンスをナマで見るのはこれが初めてだったりする(和楽器とのコラボレーションを行う邦楽維新は2回観ているのだけれど)。ちなみに今回のライヴは、1月に出た女性Voカヴァー・アルバム第2弾「Girls' Rock √Hakurai」の、4~5月にかけて行われているフォローアップ・ツアー。

さて閣下のライヴレポを書くに当たっては少々の困難がつきまとう。それは閣下が「ツアー終了前のネタバレを非常に嫌う」からだ。こちらが「こんなことがあって凄く楽しかったー!だからこれを読んだ皆も行くと良いよー!」と思っても「何があったのかを書けない」のだ。

別に閣下の意向なんざ無視しても構わないっちゃ構わないんだが、家に戻って冷静になってから「金を払ってやってきた客を楽しませるために物凄くアタマ使ってるんだろうなあ」という思いを抱くに至り(ライヴ中はただ歓声を上げたりゲラゲラ笑ったりしていただけだが)、まあ、ネタバレなしで頑張って書いてみようかな、と。とりあえず届く人にだけ届けばいいや、というマインドをいつも以上に前面に押し出して、いつもより暑苦しく行きます。
まず、最大の関心事のひとつであった「閣下の歌唱」であるが、やはり声の線が細くなっているのは否定しがたい。以前とは唱法もかなり変わっており、高校時代にライヴ・ビデオ「超有害行脚」で多大なる衝撃を受けた身としては少々寂しい。ただ、かなりゆとりのある日程が組まれているせいかコンディションは良好なようで、元々、丁寧に歌う人(いや、悪魔か)なのでこと音程面については安心して聞けた。極端に期待値を下げていたワケではないが「思っていたよりはずっと良かった」と書いておこう。

閣下以外のツアー・メンバーは、ex聖飢魔IIの大橋隆志(G)、これまた聖飢魔IIでサポート・メンバーだった松崎雄一(Key)、ex聖飢魔IIの雷電湯澤…が病気欠場につき代打のexJudy And Mary五十嵐公太(Dr)、さらに「Girls' Rock」2作でアレンジを担当したAnders Rydholm(B)及び、彼のバンドThe CodeのメンバーであるOla af Trampe(G)のスウェーデン人2名を加えた布陣。

閣下のライヴはメンバー紹介等におけるトークも売りの1つで、外国人が2人もいてどうするんかな…と思っていたが、閣下と大橋が英語を話せることもあり、同時通訳を駆使したりしてキッチリと流れにフィットさせていた。これはお見事。ちなみに、平易な単語を使って話してくれていたこともあり、彼らの英語は大体理解できたのだが、コッチ(私)が話すことはできないのな。テメエの勉強不足を棚に上げて書くが、日本の英語教育はやっぱおかしいよ。

日本語を話せない人間を交えてもなお面白さが一片たりとも失われなかったトークだが、閣下が偉いのは、熱心なファン向けの内輪ネタに走らず、(たとえ内輪ネタに向かったとしても)一見さんですら確実にハートをわしづかみにできることだ。テレビ等で閣下のトークの上手さというか、頭の回転の速さに魅入られた人は多いと思うが、基本フリートーク(一応ネタは考えてあるっぽいが、どんどん脱線していく)なのでライヴで見るとさらに面白い。こと「ライヴにおけるMCネタ」に頭を悩ませているミュージシャン諸兄諸姉は一度観ておく価値があると思う。トークに限らず、ステージ上にネタのヒントがゴロゴロ転がっているぞ。

笑いが絶えないライヴと言っても、根幹をなす演奏がしっかりしているからこそトークがより映えるワケで、その点については文句なし。600人も入れば一杯の会場だったが音響も良好で、五十嵐のドラムが非常に心地よいサウンドを叩き出していた。

選曲は、前半は新譜からの楽曲がメインだが、後半はかなり意表を突くチョイスが多かった。特に閣下もMCで言っていたが「元聖飢魔IIの構成員がこれだけ集まっている(残念ながら1人欠場したが)」のだから聖飢魔IIの曲をどれくらいやるのだろう、どの曲をやるのだろう、と考えてしまうのが人情というもの。

…では、どの曲をやったのか?とりあえず「大橋隆志がそこにいるんだぞ?」ということだけは強調しておきたい。さすがに聖飢魔IIの曲が終わった後は「大橋さーん!」じゃなくて「ジェイルー!」て声を上げる人がいたのも無理はない。Olaがソロを取ることが多かったがさすがに聖飢魔IIの曲では極上のソロを惜しみなく披露。カッコ良すぎる。やっぱこの人本物だわ。今回は「ナマの大橋隆志を観る」というのが最大の目的の一つだったので、私、幸せですわ。

前作のソロ・ツアーDVDを見る限り、今回の方がはるかにハード・ロック/ヘヴィ・メタル色を増したライヴで、まあ、アレだ、この文章読んで「聖飢魔II好きだったなー、そういえばジェイルがカッコ良かったねー…」と昔を思い出して遠い目になった人は絶対に行った方がいい。まだ名古屋、広島、福岡、渋谷が残っている。全部週末だからその気になれば行ける人も多いハズだ。

それにしても物凄い盛り上がりだった。トークの端々から伺えたが閣下はどうも大阪がお気に入りのようで「まだツアー2本目だけど今日が絶対一番出来がいい。ここまで完璧だ」と言いながらノリノリ。スウェーデン人2名も楽しんでくれたようだ。ミュージシャンと観客が一体になってステージを作り上げる、というのはまさに昨夜のようなライヴを指すのだと思う。あの場にいられて良かった。

2008/04/27 Sun. 22:30  edit

Category: ライヴレポ、雑記等

Thread: ライヴレポ・感想 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 6

top △

コメント

cotaさん観に行かれたのですね。実は私も行って参りました。
いやー、ホントに大盛り上がりで楽し過ぎるライブでしたね。年甲斐もなく拳を振り上げ、頭振って飛び跳ねて、叫び倒してメロイックサインを決めまくる大はしゃぎのオッサンと化していました。
聖飢魔II解散後の元メンバーのライブを観に行ったのは、実は同じBIG CATで見たRX(『ELEMENTS』ツアー)のライブ以来になるんですが、終わってから「やっぱりちゃんと観に行かなアカンな~」と今までのダメ信者ぶりをしきりに反省してしまいました。
閣下の歌唱は安定感抜群で絶好調だったんじゃないでしょうか。元GRAND ILLUSION組を始め、演奏陣も最高のパフォーマンスを観せてくれたと思います。
今回のツアーも是非、ライブ作品として形に残して欲しいものですね。


ロックは無用 #YyyuZQ7E | URL | 2008/04/28 03:07 | edit

お、同じ場所にいたのですか!開場時、もぎりのアンちゃんのそばのフェンス付近で前売り券を買った客が入っていくのを観察していたのが私です(笑)。気持ちが先走って整理券の番号を見せずに通り過ぎようとする人とかいて、結構面白かったです。

私も開演前MCからノリノリの客と新譜で一番好きなオープニング・ナンバーのおかげでテンションが急上昇、終始叫びまくりの歌いまくり、メロイックサイン掲げまくりで全身がバキバキになりました。正直、予想が全ていい方に裏切られたという感じで、これだけのものを見せてくれるとは思っていませんでした。ホント、行って良かった。

しかし女性ファンの準備のよさたるや…(笑)。みんなバッグとか持ってるから「あー絶対ロッカー空いてないな」と思っていたのに、当日券買って入ったら楽勝でロッカーを確保できて「あれー?」て思ってたら、どの曲がきてもいいように小道具しまいこんでたんですね(笑)。ピンクの有害アレイ持ってる人までいたし。でもジェイルがいて"有害ロック"はないでしょうよ(笑)。聖飢魔II時代の楽曲、後から考えれば順当な選曲なのですが、ナマであの2曲が聴けたというのは、今思い返しても鳥肌モノです。アレンジも原曲に忠実でしたし。割と後ろのほうで観ていたのですが、特に後でやった曲の盛り上がりは異常でした。男性ファンがスパークしまくってましたね(笑)。

今回は映像化されるんですかね~。というか、できれば今度は大阪で収録して欲しいです。個人的な経験からしても、東京より大阪のほうがノリがいいですので。

cota(管理人) #6Q0aW8YQ | URL | 2008/04/28 23:56 | edit

はじめまして
goaheadと申します。
いつも拝見させて頂いていたのですが、
閣下のライブレポなので、思わずコメントさせていただきました。

僕も初日、川崎公演に参戦してまいりました。
大阪公演も大変盛り上がったみたいですね。
聖飢魔Ⅱのミサでも、大阪で一度参加したことがあるんですが、東京より大阪の方がノリがよく凄く楽しかった思い出があります。

goahead #- | URL | 2008/05/03 16:38 | edit

はじめまして。書き込みありがとうございます。

大阪はノリいいですね~。私が一番印象的なのは「St,Anger」ツアーのときのメタリカ@大阪城ホールで、開演前から2階席の客が「ジェイムスー!」「メッターリカー!」て叫んだり、BGMのボリュームが上がるだけで大歓声が上がったりと、それは物凄いことになっていました。ライヴ中ももちろんすごくて、私もノドが完全につぶれ、ヘドバンのしすぎで首が回らなくなりました。あれ以降は体力配分を多少なりとも考えてライヴに臨むようにしています(笑)。

cota(管理人) #6Q0aW8YQ | URL | 2008/05/04 02:45 | edit

やっぱりDVD出るみたいですよ。嬉しいです。
これであの、“ツーバスドコドコ”版「Fire After Fire」を再び拝めるってわけですね。

ロックは無用 #YyyuZQ7E | URL | 2008/08/31 10:53 | edit

Yes!高須クリニック…じゃなかった、ツーバスです。ガッチリ予約済みであります。

収録されているのはツアー最終日分だそうで「今日が絶対一番いい」と閣下が言っていた大阪2日目と比べてどんなモンなのか楽しみです。今回のツアーには相当自信を持ってたみたいですしね。

cota(管理人) #BqEwgRj. | URL | 2008/09/01 00:27 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/88-413c60d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △