非思量

Strapping Young Lad「City」(1997)

city.jpg


Devin Townsend(Vo,G)率いるStrapping Young Lad(以下S.Y.L.)の2nd。2008年にリマスターの上、デモ音源等のボーナスを加えて再発された。再発にあたり、ジャケットの「Strapping Young Lad」よりも「Devin Townsend」の文字が大きく表示されていた部分が後期S.Y.L.のロゴに差し替えられている。

Devinのアジテーションが猛り狂う"Velvet Kevorkian"の後、ドラムのカウントに続いて炸裂する弦楽器+ドラムスの絨毯爆撃、その後、ノイズの塊を切り裂くようにDevin のスクリームが響き渡る"All Hail The New Flesh"から、ほとんどブレイクをはさむことなく攻撃的な音の塊をひたすら撃ち込んでくる。

彼らが通り過ぎた後にはペンペン草一本残らぬほどの無慈悲なサウンドだが、その一方で、Devin節とも呼べるキャッチーなメロディも随所で炸裂しており、マシーナリーなノイズと、瑞々しささえ感じさせる歌メロをこれだけムリなく共存させられる人はいなかったと思うし、今でもあまりいないのではないかなあ、と思う。

この後、Devinはソロ名義でアルバムを発表、「怒り」が轟音ではなく、極端に神経質な感触として現れるようになり、21世紀に入ると人間が丸くなったのか、S.Y.L.、ソロ名義ともに攻撃性が失われていくのだが、この作品が1997年時点で「最もやかましく凶暴、かつ先鋭的なメタル」の1枚だったことは間違いないと思う。「歌舞伎町から超鋼鉄重低爆音」という邦題がまさに「名は体をあらわす」1枚。驚異的な密度の高さは後続への影響も大だと思われるので、名前は知ってるけど聴いたことがないという方はこの機会に、ぜひ。


Strapping Young Lad"Detox"

Newest

Comment

シュン #eqP7eH0Y

歌舞伎町から超鋼鉄重低爆音

邦題を見た時は、『コミックバンドかこれは?』なんて思ったものですが、cotaさんおススメということで聴いたらあまりの爆音に打ちのめされた記憶があります。

慣れるまでは『なんて酷い音楽なんだ・・・』と思いましたが、慣れると『これじゃないと駄目だ~』と中毒症状が出てきますね。とかく爆音が強調されがちですが、メロディも良いですし。ホント良い音楽を奨めて頂いたと思いますヨ。ありがとうございます。

2008/03/16 (Sun) 23:07 | URL | 編集 | 返信 | 

cota(管理人) #BqEwgRj.

昔やってたサイトのレビューで「聴いていてすごく疲れる」て書いたのですが、今聴き返しても少し疲れますねー(笑)。

でもこの人の音て、一旦ハマるとしばらくこれ以外を受け付けなくなるくらいハマることがありますよね。ソロ名義の「Infinity」~「Accelerated Evolution」の期間はいい曲が非常に多いと思います。S.Y.L.の3rdや「The New Black」も捨てがたいですし。

私の文章からよりによって(笑)デヴィンにはまった人がいるというのは嬉しい驚きです。

2008/03/18 (Tue) 00:06 | URL | 編集 | 返信 | 

Leave a comment