King Crimson「THRaKaTTaK」(1996) 

thrakattak.jpg

70~80年代のクラシックスを怒涛のヘヴィ・サウンドで再現、大いなる衝撃と感動を与えた第5期King Crimsonだが、「過去の再利用」以上のモノを提示する前に活動を停止してしまったせいか、活動停止から10年以上経った今ではあまり語られることもないように思える。

今回紹介する「THRaKaTTaK」は「『過去の再利用』以上のモノ」になり得たかも知れない原石が収められた作品だ。第5期Crimsonを代表するナンバー"Thrak"の即興パートが1時間近く延々と続く拷問のようなアルバムで、95年10~11月の41公演から選りすぐりの8篇が選ばれており、1曲目の導入部とラストのエンディングを除く6曲には、それぞれ"Thrak"とは別の曲名が与えられている。

紳士然とした佇まいからは想像もつかない暴虐ギター・サウンドと、過剰に眩しい光を放つサウンドスケイプを使い分けるRobert Fripp+One and onlyのインチキ臭さを誇るAdrian Belewのギター×2、どうやって役割分担を決めているのか分からないけど、役割分担しようがしまいがどうやってもせわしなくなるBill Bruford+Pat Mastelottoのドラム×2、誰と組んでもその異様な存在感を発揮せずにはおれないTony Levin+時にギター・サウンドと同化してしまうためか(使用楽器はやたらと個性的なくせに)不可解なほどに存在感が感じられないTrey Gunnのベース×2の計6人が、極めてソリッドな即興演奏を展開している。

各々がそれなりにトシを食い、また技術やテクノロジーも洗練されているため、70年代(「Island」期含む)の暴発しそうなスリルとはちょっと違うが、全編に渡って繰り広げられるテンションの高い演奏は、正式なスタジオ・フルレンスが「Thrak」1枚で終わってしまったことを悔やませるに十分なもの。もっとも、リアルタイムで聴いたときは既に活動を停止していたこともあり「何この無茶なテンション?大好き!でもワケわかんね」ぐらいの感想しか持てなかったのだが。

腕に覚えありまくりの超絶技巧集団が繰り広げる、体脂肪率8%のウルトラマッチョ・ミュージック。年寄りが聴くとぐったりすること請け合いなので、我こそはと思う若人はどうぞ。3月26日に紙ジャケで再発されるらしいです。

2008/02/25 Mon. 20:31  edit

Category: CD/DVDレビュー:K

Thread: プログレ - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/83-368de24b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △