非思量

Protest The Hero「Fortress」(2008)

fortress.jpg


カナダ産5人組の2ndフル。

線の細いヘロッとしたデス声混じりのヴォーカルや前のめりに突き進むところなどが、時にエモだったりデス・メタルだったりするのだが、唐突な場面展開を見せて急にプログレ・メタルっぽくなったりする。そんなバタバタとせわしない流れの中にキャッチーなメロディをサラッと差し挟んでくるのが彼らの特徴。

パッと聴いたときに、音楽性としてはDream Theaterをコンパクトに凝縮したような印象を受けたのだが、別にDream Theaterのファンになら薦められるという意味ではなく、気に入ったものはなんでも取り込んでしまう雑食性とか、様々な要素を複雑な展開で無理矢理1つにまとめようとする強引さとか、リズムが複雑になればなるほど楽しそうなドラマーとか、そういう「結構ムチャクチャ」だけど「それがバンドの個性に昇華している」あたりが共通しているのだと思う。

エモとか、そういうのが起点になってるぽいバンドはヴォーカルがどうしても好きになれないが、ゴチャゴチャと鳴り響くメタリックな音像と、その中から浮かび上がってくる人懐っこいメロディにはついつい惹きつけられる。10曲入りで約40分とコンパクトで、聴いていて飽きないのも○。

Newest

Comment

Leave a comment