12月のライヴ総ざらえ 

12/8(Sat) Red Priest@兵庫県立芸術文化センター小ホール

Red Priestはバロック音楽の作曲家、ヴィヴァルディのニックネームをそのままバンド名にした4人組である。Judas Priestとは何の関連もない。

演奏しているのはいわゆるバロック音楽、クラシックの範疇に入る音だがその編成はリコーダー+ヴァイオリン+チェンバロ+チェロという一風変わったもので、昼の部と夜の部のうち、私が見た夜の部のセットリストはこのページの「プログラムI」。

こうやってクラシックのコンサートについて語るのが恥ずかしいほどにクラシックについては無知なのだが、英国王立音楽院出身者とかがいるだけあって演奏は素晴らしいの一言。アンサンブルには一片の狂いもなし、アンプを通さない楽器の音色も美しく、いやあ、凄いなあ、と。

演奏がいいだけでなく、時折ユーモラスな動きを交えたりして笑いを誘うなど、ツボをおさえまくっての2時間。いい仕事してます。立派な体格の女性チェリストが、時折チェロを肩からストラップで提げて指弾きしていた(主に親指を使用)のには驚かされた。



12/13(Thu) Sleeping People@鰻谷Sunsui

3組出てたサポートアクトの2組目まで見て(正確には見てない)外に出たのでメイン・アクトについては感想の書きようがない。なのでそのサポートの感想と、あと少し思ったことなどを。

なんか知らんが(どうやらサポート3組目のEnvy目的の客が多かった模様)人が異様に多くてフロアに入る気が起きなかったので、友人Gと2人でフロアの外のスペースでベンチに腰掛けて音だけ聴くことに(フロアにドアはないので音を聴くだけなら問題なかった)。

サポート1組目はペケペケしたギターが変拍子の上でコード弾きやアルペジオをカマすポスト・ロック系の音。

G「オレならここでソロ弾き倒すんやけどな~(Gは音楽学校でギターを習っていた人です)」
cota「なんかここで一発パワーコードを鳴らして欲しかったところではあるな。ジャラーン!と」

こんなところにいてはいけないメタルかぶれのオッサン2名が小声でグチるグチる。それでも演奏はタイトなのでまあ聴けた(悪口ばかり言ってたワケではないぞ)がヴォーカルが絶望的にダメでげんなり。

2組目はトランペットやヴィブラフォンが入ったクラブ・ジャズというのか?なんかオサレーな感じの曲を演奏。唐突に終わる曲が多くて「?」だったが、まあこれはこれでいいかな、と。トランペットはイイ感じで鳴っていた。

2組目が終了したところで、我々のグループで唯一フロアに突撃していたMが戻ってきて「堪能した」というので会場を出ることに。京都でメシを食うことになっていたので遅くまでいられなかった、という事情もあるのだが。もうこの時点で9時近かったし。

Mに感想を訊くと「2組目の鉄琴叩いてた女の子、カッコも地味だし『魅せる』というところに無頓着すぎ」といったようなお答え。むー。そういえばメインのSleeping Peopleが出てきたのは10時過ぎだったそうだ。出演者、会場ともにもうちょっと考えてやってほしいな、と思いました。木曜日にメイン・アクトが10時スタートて、マトモな感覚じゃありえないと思うんだが。



12/15(Sat) 今沢カゲロウ@鳴門D-Box

関西では夕方のワイドショー番組に出演したりして、主婦や自宅警備員といった層の認知度も上昇中(?)の今沢カゲロウ。私にとっては大雪に見舞われた2年前から3年連続の参戦、年末の風物詩と化した感すらある。

風物詩とか言いつつ実は「今年は行かなくてもいいかな?」と思っていたのだが、既に聴いたことがある曲も新しく音が加えられたり、少しアレンジが変わっているものが多く、未だに進化し続けていることを証明。すいません甘く見てました。歯切れの良い新ネタ込みのMCや観客参加型の"コオロギ王子"などからは、リピーターも一見さんも楽しませようとする姿勢がうかがえ、頭の下がる思い。宿で夜練をしながらそのまま寝てしまうこともあるという今沢氏、まさにプロの芸人(ちょっと違う)であった。

余談だが、ライヴ終了後毎回CDを買っていて、今回は「4 Phusion」「Tapirus」を買ってサイン&ヒラタカゲロウの絵を描いてもらったのだが、「4 Phusion」を「Psybass Metaloop」と間違えていたことが家に帰ってから判明。「4 Phusion」、もう持ってるよ…。

kagerou.jpg

2007/12/17 Mon. 23:00  edit

Category: ライヴレポ、雑記等

Thread: LIVE、イベント - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/71-c8df7b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △