Queensÿche(Queensryche)「Take Cover」(2007) 

takecover.jpg

「Operation:Mindcrime II」に続く新作はカヴァー・アルバムとなった。曲目及びオリジナルは以下の通り。

1. Welcome to the Machine(Pink Floyd)
2. Heaven on Their Minds(Andrew Lloyd Webber & Tim Rice)
3. Almost Cut My Hair(Crosby, Stills, Nash, & Young)
4. For What It's Worth(Buffalo Springfield)
5. For the Love of Money(The O'Jays)
6. Innuendo(Queen)
7. Neon Knights(Black Sabbath)
8. Synchronicity II(The Police)
9. Red Rain(Peter Gabriel)
10. Odissea(Carlo Marrale & Cheope)
11. Bullet the Blue Sky (Live)(U2)

冒頭のPink Floydはいかにも、といった感だが、むしろCSN&YとBuffalo Springfieldのような意外性の高い曲のほうが近年の彼らのイメージに近い仕上がりになっている。ヌルいっちゃヌルいんだが違和感はない、と言うか。空気が変わるのは"Innuendo"からで、シンセのパートはツイン・ギターに置き換えられており、元々プログレ・ハード的雰囲気が強い曲ということもあってか締りのある出来になっている。

後半はこの引き締まった空気が終始維持されているが、テノール・ヴォーカルを多重録音した"Odissea"とライヴ録音された"Bullet The Blue Sky"で遂にGeoff Tateが暴走を開始。前者はバックの演奏の、他の曲(というか、近年のバンドのキャラクター)に歩調を合わせたかのような色彩感の乏しいアレンジがちょっと勿体無いが、「Geoffがこの曲をやりたいからカヴァー・アルバムなんて企画したのでは?」と勘ぐりたくなる気合の入りよう。後者は中盤からGeoffが凄い勢いでアジり出す。何を言ってるのかわからんが、どうせ「今のアメリカはうんたらかんたら」と一席ぶっているのであろう。どっちかっつーとコッチのほうがゲップが出る。

それにしても、いかにもメンバーが「好きな曲」「やりたい曲」を持ち寄ったという感じで、いやに捻りの利いた、かつ商売っ気ゼロな選曲である。「Operation~」でひとしきり盛り上がったのでここらで一息、と言ったところだろうか。基本的には熱心なファン向けのアイテムだが、近年のモノトーンでダルな感触の中にかつてのタイトさが顔を覗かせているのは嬉しいところ。

2007/11/23 Fri. 23:37  edit

Category: CD/DVDレビュー:Q

Thread: HR/HM - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/69-ebfc36af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △