Artemiy Artemiev&Karda Estra「Equilibrium」(2002) 

equilibrium.jpg


モスクワ五輪のテーマソング等で知られるロシアの作曲家、Edward Artemievの息子であるArtemiyと、イギリスのアンビエント・ゴス・ユニットKarda Estraのコラボレーション。

我が家に唯一置いてあるEdwardの作品('75~'95年の楽曲をリミックスして収録した「A Book Of Impressions」)を聴く限り、親父の音楽性はギュワワーンとかキラキラとかビカビカとか、アッパーな擬音がよく似合う壮大なスケールのシンセサイザー・ミュージックなのだが、息子がこの作品で紡ぎ出す音はとにかくダウナー志向。

ゴシック系特有の重厚さがあまり感じられないのはKarda Estraのキャラクターゆえだろうが、もやっとした深い霧を思わせる空気を作り出すシンセと、霧の向こうからかすかに聞こえてくるKarda Estra組のギター、女性コーラスetcは、芥川龍之介が言うところの「ぼんやりとした不安」を具現化しようとしているのではないか、そんな印象を受けた。ジャケットのイメージも然り。

73分全編が喜怒哀楽の感情を一切表に出さない、無表情な感覚で塗りこめられていて、泣く子だけでなく、笑う子も黙る1枚。Klaus Schulze「Mirage」のような、視覚的でありながら抑制の効いたフラットなサウンドを好む方にお勧め。

2007/11/01 Thu. 22:35  edit

Category: CD/DVDレビュー:A

Thread: プログレ - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/65-72fff97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △