Anathema「The Optimist」(2017) 

theoptimist.jpg

一昨年、待望の初来日を果たしたAnathemaの3年ぶりとなる新作。

レコード屋で予約してあったCDを受け取り、そのままカーステレオに放り込んで聴いているうちに浮かんできた感想が「なんか『A Fine Day To Exit』(2001)みたいやな」というものだったのだが、後から国内盤の帯に目を通してみるとその「A Fine Day~」が言及されていて、更にライナーを読んでみると今作はズバリ「A Fine Day~」の続編だという記述が。あれま。

とはいえ、曲調が似ているとか、そういう話ではない。SE調の“32.63N 117.14W”から続いて流れる“Leaving It Behind”の硬質なサウンドが「We're Here Because We're Here」(2010)以降のドラマティック路線からの明確な路線変更を告げているが、「Aメロ→Bメロ→サビ」といった明快な構成を持たず、メインのメロディやフレーズを、少しずつアレンジに変化を加えながらひたすら繰り返すタイプの曲が大半を占めており、何かこう、聴いていてモヤッとしたものが終始つきまとう。そのモヤッとしたものが「A Fine Day~」を貫く虚無感に通じているような気がする。

“Endless Ways”や“Ghosts”のような美しいメロディを持つ曲もあるが、メロディそのものを聴き手の心に刻み込むような構成には全くなっておらず、「We're Here~」以降の、ドラマティックな楽曲がもたらすカタルシスを期待すれば盛大に肩透かしを食らうことになる。先行して公開された“Springfield”から、いやもっと言えば前作「Distant Satellites」(2014)の時点で路線変更自体は十分予想できたことではあったが、それでもこの新作は掴みどころがなくて、でももう一回聴けば何か掴めるのではないかと思って、結果、最近滅多にないぐらいのヘビロテ作になっている。なんだろうなこのしてやられた感。

しかし何回も聴いてやっと見えてきたこともあって、それが前出の“Endless Ways”“Ghosts”やトロンボーンとコントラバスをフィーチュアしてかつてなくムーディな味わいに仕上がっているジャズ調の“Close Your Eyes”で素敵な歌を披露しているLee Douglasの存在感。技巧でねじ伏せるタイプの歌い手ではないが、ソフトな中に力強さが秘められた声が個性的でとてもいい。初来日の際も大人気だった彼女、「A Fine Day~」の頃は正式メンバーですらなかったのだが、今ではすっかり主役級。


Anathema“Springfield”

2017/06/13 Tue. 19:03  edit

Category: CD/DVDレビュー:A

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/442-409a2f21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △