sora tob sakana「cocoon ep」(2017) 

cocoon.jpg


この記事の掲載日時点で平均年齢14歳の4人組アイドルユニットによるEP。

「音楽プロデュースを照井順政(ハイスイノナサ、siraph etc)が手掛けており、ポストロックとエレクトロニカを基調にした物語性の強い楽曲と表情豊かでまっすぐなパフォーマンスが唯一無二の世界観を作り出している。」とは公式サイトにある触れ込みだが、リーダー・トラックの“ribbon”を聴いて、奇数拍子を織り込んで暴れまわるリズム隊に唖然茫然。全6曲中3曲が生バンドの演奏で、この“ribbon”もさることながら、“夢の盗賊”での鋭角的なサウンドのギターもなかなかのインパクト。“透明な怪物”はピアノをバックに従えた穏やかな合唱曲といった風情で、ここで一旦トーンダウン、と見せかけてやっぱり鋭角なギターとリズム隊がブリブリ割り込んでくる。面白いなあ、これ。

エレクトロニカ色を強めた残り3曲も込みでなかなかに隙の少ない良作だと思うのだが、こうなるとちょっと気になるのが歌唱のつたなさ。「年端もゆかぬ女の子の歌に何を無粋な」っつー話ではあるんだが、好事家受けからもう一段上にステップアップしようとすると、歌が今のレヴェルでは壁にぶち当たるような気がする。Babymetalが広い層にアピールした理由も、まあ色々あるのだろうけど「歌が人並み外れて上手い」というのは要素の一つとして無視できないと思うのだ。実際、メタル好きではない私の知人(♀)が「Su-Metalちゃんの歌が上手過ぎる」という理由でBabymetalを愛聴していたりするし。

まあそれが技量であれ何であれ「替えの効かない」感は重要、何事も中途半端は良くない。持って生まれた才能に負うところも大きい話なので難しいところはあるかも知れないが、いずれにせよ、さらなる精進を。とはいえ、個人的にはかなり気に入った。アイドルでこれやるかという意外性と完成度の高さ。大変クールである。


sora tob sakana“ribbon”

2017/04/22 Sat. 09:22  edit

Category: CD/DVDレビュー:国内さ

Thread: 邦楽 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/439-5086b020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △