Marillion「A Sunday Night Above The Rain」(2017) 

sundaynightabovetherain.jpg

昨年「Fuck Everyone And Run」をリリースしたMarillionのライヴ・アルバム。…と言っても新作に伴うツアーを収録したものではなく、2012年発表の佳作「Sounds That Can't Be Made」リリースの翌年にオランダで行われた「Marillion Weekend」(3日連続で行われる、ファン感謝デー的な企画ライヴ)の一夜を収録したもの。

Marillion、毎年のようにライヴ盤をこれでもかとリリースしてくるので、近年はいちいち追いかけるのが面倒臭くなって「Live From Cadogan Hall」(2010)以来、ライヴ盤はスルーしていたのだが、久々にライヴ音源を聴いて、しょっぱなの“Gaza”で彼らの力量に改めてハッとさせられた。CDで聴く分には17分を超える演奏時間にこちらの集中力を殺がれてしまうためあまり印象に残らない曲だったのだが、映像付きで聴くとその静と動を自在に行き来する彼らの持ち味が凝縮された曲なのだな、という印象が。こりゃ凄い。

選曲は「Sounds~」全曲に、尺の長い“This Strange Engine”“Neverland”等5曲を加えた全13曲135分。Steve Hogarthのヴォーカルだけはやや安定感を欠き、彼がMarillionに加入して間もない時期の曲(“Waiting To Happen”“The King Of Sunset Town”)で危うい部分もあるが、前述のように演奏力は確かで、バンドの実力を存分に味わえる仕上がり。Marillionはオランダでの人気が非常に高いそうで、ファンのポジティヴなリアクションや盛り上がりがライヴをさらに魅力的なものにしている。

ところで、この2月にMarillionの国内盤を手掛けているワードレコーズが「A Sunday~」及び「Marbles In The Park」「Live From Cadogan Hall」というライヴ盤3タイトル、さらに過去曲をアコースティック調にリアレンジした「Less Is More」(2009)の計4タイトルのライヴ盤を一気に(それもライヴ盤はブルーレイ+2CDだの2DVD+2CDだの様々なフォーマットで)発売してきた。

これらは輸入盤では以前から入手可能だった作品で、突然こんなことをして一体何をトチ狂ったのだろうかと思わずにはいられないが、売れる見込みはあるのだろうか。いや売れて欲しいしその果てに来日という話にでもなれば狂喜乱舞モノですが。CD2枚組というフォーマットもあるけど、ここは是非ブルーレイorDVDの映像付きフォーマットを。値段の高さが難だが、やはりライヴ作品は映像込みでないと、ね。


Marillion“Gaza”

2017/02/26 Sun. 17:12  edit

Category: CD/DVDレビュー:M

Thread: プログレッシヴロック - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/434-2b3b521d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △