水曜日のカンパネラ「Superman」(2017)

superman.jpg

曰く「メジャー1stフルアルバム」。10曲入り36分の本作と7曲入り32分の「UMA」(2016)を分けるものが何なのかは判らないが、まああまり面倒くさいことは言いますまい。今回も装丁は凝っていて、ジャケットはCDホルダーと一体化されており、広げるとそれ自体がコムアイのポスター、裏面が歌詞カード、というつくり。

「UMA」が外部のミュージシャンに作曲を委嘱したせいか、ポップさという意味においては若干薄味に感じられたのだが、すべての曲をケンモチヒデフミが手掛けた結果、ヘンな歌詞と端正なサウンド、コムアイのちょっと危なっかしい歌唱(いうても以前に比べればかなり上手くなった)が三位一体となって生み出すいつもの作風に。エキセントリックな方向に振った“チャップリン”“世阿弥”といった曲も入れつつ、全体的には先行シングル「Superkid」収録の“アラジン”“カメハメハ大王”が持っていた享楽的でダンサブルなテイストが貫かれている。

「ジパング」(2015)が持っていた濃厚さは後退しており、インパクトという面ではやや物足りなさがあるが洗練の度合いを増しており、「UMA」をすっ飛ばして「ジパング」の次と考えれば順当な出来かな。きたる武道館単独公演への露払いとして申し分ないのではないかと。


水曜日のカンパネラ“カメハメハ大王”

0 Comments

Leave a comment