Dizrhythmia「Too」(2016)

too.jpg

現行King Crimsonに参加しているJakko M Jakszyk(G,Vo)とGavin Harrison(Dr,Per)プラスDanny Thompson(B)、Pandit Dinesh(Per)からなるDizrhythmiaの2nd。セルフ・タイトルの1stが1988年リリースなので、実に28年ぶりのアルバムということになる。レコーディング・メンバーとしてDave Stewart(Pf)が全曲に参加、Richard Barbieriもいくつかの曲でシンセを演奏しているほか、チェロやホーンも一部の曲で加わっている。

澄んだ空気を漂わせるジャズをベースにパーカッションやシンセで味付けを施したインストでJakszykのソフトなヴォーカルを聴かせるアルバム(インスト曲も3曲あり)。King Crimsonのような過度の緊張感や難解さは感じられず、ある種の荒っぽさが求められるKing Crimsonには合わない、David SylvianやDavid Gilmourに通ずる声質のJakszykもここではなかなか良い歌を聴かせる。

たおやかなメロディの美しさが印象的な佳作。上品でゆったりとした流れの中、時折シャープな表情を見せるインストも味わい深い。私ゃKing Crimsonよりもコチラのゲストがフル参加した編成のライヴを観たいよ。


Dizrhythmia“Chinese Doll”

0 Comments

Leave a comment