Operation: Mindcrime「Resurrection」(2016) 

resurrection.jpg

Geoff Tate率いるOperation: Mindcrimeの2nd。ライヴ活動も行っているが、レコーディングでは複数のメンバーをやりくりしており、バンドというよりはGeoff Tateのソロ・プロジェクトと表現する方が適切かも知れない。

コンセプト・アルバムの曲間に挿入されていそうな小品を冒頭4曲にズラッと並べ、その後にバラード調含むソフトめなスロー~ミッド・テンポの曲が続き、後半にエピックな雰囲気を持つ曲がポンポンと現れる、なんだか不思議な構成のアルバムになっている。

構成こそ少し変わっているが、作品の出来は悪くない。楽曲のクオリティがこれまでと比較していきなり上がったワケではないが、キャラクターに合わない気の抜けたポスト・グランジまがいの曲や、R&B~ソウル方面に色目を使ったような曲が姿を消し、緊張感を殺がれる場面がなくなっているのが良い。

替わってTateのプログレ趣味が前面に出ている。作品のエピック面を象徴する“Invincible”や“A Smear Campaign”あたりに顕著だが、特に後者はTateの歌よりもアグレッシヴなギターをはじめとするインスト隊の演奏を聴かせる作りの、彼の曲にはかなり珍しいタイプのそれに仕上がっている。Tim “Ripper” Owens(ex Judas Priest)とBlaze Bayley(ex Iron Maiden)参加と聞いてズッこけるしかなかった“Taking On The World”も、荒々しい曲調が作品のアクセントとして良い働きをしているように思う。

全体的にはQueensrycheの「American Soldier」(2009)あたりが作風としては近いだろうか。相変わらずモッサリとしたプロダクションが残念だが、「俺の上にまたがる彼女はまるでエクササイズマシン!寝かせてくれない!誰か助けて!」なんてクソとしか形容しようのない歌詞の曲を歌っていた数年前のことを思うと、よくここまで持ち直したなあ、とは思う。YouTubeでライヴの動画を確認する限り、声の調子もどん底からは脱しているように聞こえる。


Operation: Mindcrime“Lest For Dead”

2016/09/20 Tue. 22:54  edit

Category: CD/DVDレビュー:O

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/419-de2aeaca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △