非思量

ARTICLE PAGE

01 2016

Tremonti「Dust」(2016)

dust.jpg

TremontiはAlter Bride/Creedのギタリスト兼メイン・ソングライターのMark Tremontiによるソロ・プロジェクト。昨年2nd「Cauterize」を出したばかりなのに、早くも3rdをリリースしてきた。

Alter Bridgeの新作もレコーディングを終えているそうで、まあ大したハードワーカーっぷりだなあ、と思ったら、どうやら「Dust」の収録曲は前作「Cauterize」と同時期にレコーディングされたものらしい。前作から引き続きジャケットに地平線の向こうに白目の巨大なオッサンが描かれているのはそのせいか。まあそれはそれとして、1stから連綿と続く、Jeff Scott Soto系のキメの粗いヴォーカルとタイトにまとめた演奏が織りなすヘヴィ・メタル然としたサウンドには一点の曇りもない。

楽曲も然り。リズム面を工夫して慎重に前作収録曲とのキャラクター重複を避けようとしているのは分かるが、サウンドのコンセプトというか土台が一緒なので、正直、あまり変わり映えしない。ただし曲の出来栄えそのものは今回も上々。レンジが広いとは言えないヴォーカルながら次々とドラマティックなメロディを紡ぎだす手腕はさすが。

新作含めこれまでの3枚全てが夏場のリリースとなっているがそれがまたイイ。この暑苦しさがハマるのよ。暑苦しいだけに40分+α程度のコンパクトなつくりにまとめているのも個人的には好感が持てる。


Tremonti“Dust”


0 Comments

Leave a comment