Blue October「Home」(2016) 

home0001.jpg

3年ぶりの8th。今回もクラウドファンディングでレコーディング資金を募ったうえで製作されている。なお、前作「Sway」(2013)ではメンバーとしてクレジットされていたのは4名だが、今回再度ギタリストが加わった5名がメンバーとしてクレジットされている。

「Sway」及びその前の「Any Man In America」(2011)はポスト・グランジにカテゴライズされているバンドらしいヘヴィネスをそれなりに備えていたが、今回はJustin Furstenfeld(Vo)のルーツと思しきニュー・ウェーヴ色、あとPink Floydとかのアトモスフェリックなプログレ的テイストがかなり色濃く表れているように感じられる。

重々しさを伴うサウンドや“The Feel Again(Stay)”“Bleed Out”のようなドラマティックなナンバーは姿を消し、キーボードによるシンプルながらキラキラした色彩のフレーズと、カラッと突き抜けきれない湿っぽさを帯びたメロディが楽曲の大半を占める。前作がとても良く出来ていたので、この新作は期待と不安が半々だったが、その両方が裏切られた印象。はじめは「え、こんななっちゃったの?」というのと「これ、なかなか悪くないやん」というのがゴッチャになっていた。

何回か聴いているウチに「結構いいなコレ」というのが大勢を占めてきてはいる。たま~に80年代すぎて「うわあ…」てなるようなイントロの曲があったりするけど。前作のような音を期待すると肩透かしだが、気にしなければなかなかの良作。

後半にラウド感のあるドラムを前面に出した“Houston Heights”があったりするが、これとてロックではないところから着想を得ているような。例えば80年代前半のワールド・ミュージックにかぶれていた頃のPeter Gabrielとか。どこか、Marillion脱退直後のFishが現代のMarillionを歌っているような感じがしないでもない。“Leave It In The Dressing Room(Shake It Up)”とか、どこか「Marbles」(2005)収録の“Drilling Holes”に通ずる空気が漂っているし。Justinの音楽的嗜好とSteve Hogarth(Marillionの現Vo)のそれが近いのかもしれない。


Blue October“Home”

2016/04/30 Sat. 20:42  edit

Category: CD/DVDレビュー:B

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/410-73ce1d52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △