Nik Bärtsch's Mobile「Continuum」(2016) 

continuum.jpg

スイスのピアニスト/コンポーザー、Nik Bärtsch(ニック・ベルチュ。Baertsch、Bartsch)率いるアコースティック・ユニットMobileの、多分3枚目。Roninと異なり、Mobileはベーシスト不在の4人編成となる。

オリジナル作としてはRonin名義の「Llyrìa」(2010)以来で随分久しぶりとなるが、ミニマルなフレーズの繰り返しやリズムの微妙なズレによって生まれる独特なグルーヴを生み出す、そのストイックな求道者然とした佇まいに変化はない。

今作では「Extended」と称されたヴァイオリン、ヴィオラ、チェロといった弦楽器隊をゲストに招いており、これが新しい風を吹き込んでいる。Ronin「REA」(2004)収録ヴァージョンでは同一のフレーズを執拗に繰り返す偏執的な曲だった“Modul 18”が、ストリングスとの共演によって元のアレンジとは別種の緊張感を纏い、すっかり装いを新たにしている。

一方、ピアノ・ソロがメインだったソロ名義の「Hishiryo」(2002)収録曲の再演である“Modul 4”“Modul 5”は、今回もほぼピアノと僅かなパーカッションによる演奏で、オリジナルのプリミティヴな緊張感が色濃く残されている。

「Stoa」(2006)の衝撃から早10年、純然たる新曲が少ない(全8曲中“Modul 60”のみ)のがチト気になるが、過去曲のリアレンジや合体、再構築(元々、こういう手法を多用する人ではある)、ストリングスの導入でフレッシュさを維持している。次はベースの存在がオーガニックなグルーヴを生み出すRoninの新作を期待したいところ。


Nik Bärtsch's Mobile“Modul 29_14”(Excerpt)

2016/04/17 Sun. 09:35  edit

Category: CD/DVDレビュー:N

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/409-9b845526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △