聖飢魔II「メフィストフェレスの肖像」(1996) 

mephistopheles.jpg

このたびの再集結に合わせ、聖飢魔IIがBMGに残したアルバムが昨年8月にリマスターの上、再発されている。個人的には「90年代以降に出た音源の音質がリマスターで劇的に向上することはない」という認識でいるので長らくほったらかしてあったのだが、通算8枚目にあたる「メフィストフェレスの肖像」については、劣悪と評価されがちな音質が今回のリマスターで随分良くなったとアマゾンでレビューされていたので、ならばと思い購入することに。

結論から言うと、そんなに変わってない。ベースやバスドラの輪郭がクッキリしたかな、とは思うけど、言われなければわからないだろう。「愛車に標準装備のカーステが一番マトモ」という悲惨なオーディオ環境で不満が出ない程度の耳の持ち主による論評、という注釈付きではあるが。というか、そもそも論としてこのアルバムの音質が悪いと思ったことがない。そりゃ次作「News」(1997)や最終作「Living Legend」(1999)は恐ろしく強靭なサウンドを得ているが、ダミアン浜田やジェイル大橋といった元メンバーの楽曲が採り上げられ、1st「悪魔が来たりてヘヴィメタる」(1985)から4th「Big Time Changes」(1987)、あるいはその後のシングル「Stainless Night」(1988)までの作風に立ち返った、湿り気のあるクラシカルなハード・ロック~ヘヴィ・メタルである今作にはむしろこの音が合っているとすら思っている次第でして。確かに「良い」とも思わないけど。

肝心の楽曲は非常に充実している。この作品の方向性を見事すぎるほどに示唆しているオープナー“地獄の皇太子は二度死ぬ”やダミアンワールド全開の“凍てついた街”“メフィストフェレスの肖像”、聖飢魔IIでは珍しい地味目ミッド・バラード“サロメは還って殺意をしるし”、ヒリヒリした疾走感が印象的な“Holy Blood”等々、佳曲揃い。当時の聖飢魔IIを取り巻く状況があまりにも悪かったことや、彼らにしては珍しく過去の焼き直し臭が漂う作風のせいか、メンバー間での評価は必ずしも高いとは言えないようだが、当時聖飢魔IIの名前を出すことがタブーに近かった某ワールドヘビーエストヘビーメタルマガジンの記者が同誌コラム欄で採り上げてポジティヴな評価を与えており、私もこの作品は随分と聴き込んだ。名作だと思いますけどね。リアルタイムでは時代にマッチしているとは言い難かった、端正な良質さを備えたオーソドックスな音楽性は、時を経て多様性が極まった今こそ輝く。ときたまテレビで歌うデーモン閣下を見て「この悪魔、歌上手いじゃないか!」と驚いた若人の皆様、これを機に聖飢魔IIを一枚、いかがでしょうか。

2016/03/20 Sun. 23:24  edit

Category: CD/DVDレビュー:国内さ

Thread: 邦楽 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/407-63d94561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △