小暮伝衛門「好色萬声男」(1990) 

koshoku.jpg

今回の再集結も好評のうちに終了したらしい(私は前回初めてライヴを観て気が済んだので今回はノーチェック)聖飢魔IIのヴォーカリスト、デーモン閣下が小暮伝衛門名義で発表した1stソロ。タイトルは「こうしょくよろずごえおとこ」と読む。これ、知る人ぞ知る傑作でいつか紹介したいと思っていたのだが、この2月に他のメンバーがやはり90年代前半にリリースしたソロ/ユニット作と一緒にリマスターの上再発されたことで、ようやく採り上げる機会を得た。

契約の都合上急遽リリースされたという事情もあってか、収録曲の半分はカヴァー(閣下が学生時代に参加していたスーパースランプの曲も含む)で、1か月ぐらいで製作された急ごしらえのアルバムなのだが、様々なアイディアがこれでもかとブチ込まれた、物凄いゴッタ煮ぶりにとにかく圧倒される。

逆相で録音された不可思議な感覚のサウンド+奇数拍子+ヴァイオリンのオープナー“桜の森(Space Trip Mix)”や、美空ひばりが死後に国民栄誉賞を受賞したことが着想の一つとなっている歌謡曲テイストのバラード“縁(えにし)”、環境問題にスポットを当てた歌詞がデーモン閣下らしいメッセージ性の強いハード・ロック“地上絵(「野性の王国」のテーマ)”といったオリジナル曲も素晴らしいのだが、Janis Joplinに李白の漢詩を乗せ、ゼノン石川と江川ほーじんのスラップが唸るファンクに仕立てた“Half Moon~月下独酌~”やThe Fifth Dimensionの曲が坪内逍遥の詩、閣下の多重Vo、女性コーラス、コンガ、笛等が入り乱れる超絶シンフォ・プログレに生まれ変わった“Aquarius~帰墟~”といったカヴァー曲群もまた圧巻の出来。21世紀に笑えないネタというかPC的に難ありな“さわりたひ”は、まあ、ご愛敬。尺八、琵琶といったのちの邦楽維新Collaborationに繋がる和楽器との関係もここから始まっている。

帯の煽り文句によるとゲスト参加は総勢100名にも及ぶそうで、聖飢魔IIで使えないネタを全部使いましたとでも言わんばかりの豪華絢爛さが眩しい、重厚な一枚。タイトルよろしく、閣下の歌声も、知らない人が聴いたらメインVoが複数いるのでは?と勘違いするほどの変幻自在ぶり。ショートコントまで収録されていて、とにかく、色んな意味において普通ではない。

2016/03/02 Wed. 23:31  edit

Category: CD/DVDレビュー:国内か

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/404-76eb0316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △