非思量

amazarashi@Zepp Namba(2016.2.21)

早くも今年2本目のライヴ。2週連続で四国から関西へ向かうという、お財布にはなかなかハードな状況である。チケット代は安かったのだが、移動費がね。バスが嫌いで自家用車で移動しているもので。

開演時間の15分前ぐらいに会場に入ったのだが、ロビーには結構な数の人、さらにホールに入るとこれまた沢山の人、人、人。そして客層が若い!普段私が行くライヴのそれよりも干支一回り以上若いんじゃなかろうか。とりあえず流れに任せて1階フロア最後方へ。奥へ奥へと押し込められ、気がつけばPA卓そばの絶好のポジションに。しかしほとんど身動きがとれん。ぎゅうぎゅうとまでは言わないが、ちょっと手を動かしたら前後左右誰かの体に触れる状態(なのでずっと腕を組んで観ていました)。最後方のさらに奥、車椅子の客用に一段高くなっているスペースも一般客に開放して客を押し込んだところでライヴ開始。

ステージ前面に薄いスクリーンが張られていて、ステージ上のメンバーはうっすらとしか見えず、スクリーンとバックドロップに映し出される映像やタイポグラフィが曲の持つメッセージを補完している。歌そのものも割と聞き取りやすかったが、歌詞そのものが映し出される場合もあり、私のように知ってる曲が数曲しかない身にも優しい仕様。客は体を動かすでもなく一緒に歌うでもなく、じーっと曲に聞き入っている感じだった。Dream Theaterのライヴで客が石地蔵状態なのはリズムを取るのが難しいからだが、amazarashiの客は歌詞を聞きに来ているんだろうな。もしくは新作からの曲が多め(で、その新作は明日発売なのですよ)で、知らない曲が多かったか。

その歌詞は時に青臭かったり時に風刺を利かせたり時に言葉遊びに溺れたりのメッセージ性が強いもので、さすがにこれを素直に受け入れて感動するには私はトシを取り過ぎているんだが、ドラマティックなサビと、そこまでの展開がガッチリ構築された楽曲がどれもこれも良かった。どことなくフォークの香りがする熱のこもった歌を支えるダークで奥行きのあるアレンジから青臭さは全く感じられない。だから私みたいなおっちゃんも聴けるワケだが。サウンドも良好。ヴォーカルの音が他の楽器と比べてやたらとでかかったが、このユニットの性格を考えればこんなもんだろう。

約1時間半の短いライヴだったが、良かった。あとほとんど動けず直立状態だったので体がバッキバキになりました。トシを取るというのは悪いことばかりではないんだが、正直、つらい。

Newest

Comment

Leave a comment