Capriccio「Hyper Naturalism」(2015) 

hypernaturalism.jpg

大阪は堺にて結成された6人組による1st。

動画がアップされた“Missile”を聴いてなかなかはっちゃけた感じのバンドだなあと思ったが、まず19歳のうら若き女性Vo、Pekoの歌が良い。Slipknotの影響下にあると思しきエクストリームなサウンドや、Key兼任のうさぎさん(ウサギのアニマルヘッドをかぶっている)のスクリームもなかなかに強烈だが、彼女の声はその中でも際立った存在感を見せる。上手いと思う。

曲も良い。“Missile”はアッパーなテンションで押し切る曲だが、それ以外は哀感漂うメロディを持つ、シリアスめの曲が多い。レベッカ(祝・紅白出場)聴いてたおっちゃんが遠い目になるようなタイトルの“Lonely Butterfly”(勿論、同名異曲です)や、ミッド・テンポで情感的なサビメロを聴かせる“Zero Piece”等、クオリティは高い。

Slipknot+ガールズ・ポップとでも言えばいいのか、CDの帯に曰く「メルヘンチックデスポップ」だそうだが、何より「ポップ」であるのが魅力的。歌とメロディが良いからこそ、タイトかつヘヴィな音やスクリームといったそれ以外の要素も光る。良いよ。


Capriccio“Missile”

2015/11/28 Sat. 15:08  edit

Category: CD/DVDレビュー:国内か

Thread: 邦楽 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/393-440f5c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △