非思量

Queensrÿche「Condition Hüman」(2015)

conditionhuman.jpg

めでたくバンド名使用権を獲得したTodd La Torre(Vo)を擁するQueensrycheの新譜。そのバンド名使用権でもめている最中にGeoff Tateが作った「Frequency Unknown」(2013)はノーカンとして、オリジナルとしては14枚目、でいいのかな?クラウドファンディングで資金を募って製作されている。

前作「Queensrÿche」(2013)のJames “Jimbo” Burtonに替えてRob ZonbieやSoulflyを手がけたChris “Zeuss” Harrisをプロデューサーに迎えたのは明確な意図があってのことだろう。初期のクラシカル・メタル路線への郷愁を感じさせる“Arrow Of Time”など一部の曲を除けば、コロコロと作風を変えてきたバンドのキャラを隠れ蓑にして「今っぽい重々しさ」を核にしつつ結構やりたい放題の作品に仕上がっている。Toddの歌唱もヘヴィなサウンドの中で冴えている。もっとヘヴィでもいいくらい。

個人的には、ヘヴィな雰囲気の曲が続いた後に現れるソフトなミドル・テンポの“Just Us”のフワッとした手触りが好き。一見さんの目を引くどキャッチーな曲がないのが課題といえば課題だが、聴き込むとなかなかに味わい深いものを感じさせる。もう一段高いレヴェルでやれる筈だとは思うが、ひとまず歩みは順調、ということでよろしいのではないかと。アルバムの売れ行きは好調な滑り出しを見せているようで、本国アメリカではチャートイン2週目にしてビルボード15位まで食い込んでいる由。誠にご同慶の至りである。


Queensryche“Hellfire”

Newest

Comment

Leave a comment