Soilwork「The Ride Majestic」(2015) 

ridemajestic.jpg

スタジオ盤としては2年ぶりとなる10th。前作「The Living Infinite」(2013)は2枚組だったが今回は1枚モノ全11曲(国内盤はボーナス・トラックが2曲あり)でのリリース。今回も人事異動が発生しており、ベースのOla Flinkが脱退。ブックレットには新メンバーとしてMarkus Wibomがクレジットされているが今作のレコーディングには未参加、ベース・パートは2人のギタリストによって録音されている模様。

最早ヴェテランと言ってもいいキャリアを持つバンドなので、少々のメンバー・チェンジがあったところで、ドラムを軸にしてタイトにまとめられた演奏と、ブルータルなグロウルとメロディックな普通声を使い分けるBjörn(Bjorn) Stridのヴォーカルによって確立されたその音楽性が変わることはない。強いて言えばデス・メタルというよりはクラシカルなハード・ロック的表情を見せる場面が以前より目立つ部分もあるかなという気はするが、正直、彼らの作品を表現するための新しい言葉って、もう私の脳みそからは出てこないような気がする。彼らがエレクトロニカに走ったりすれば話は別だが。

それでも敢えて採り上げたのは、やはり曲が良いから。ブラスト・ビートを従えて放たれるエモーショナルなメロディが麗しい“Enemies In Fidelity”が個人的イチ押しナンバー。終盤の転調が印象的なエピック・ナンバー”Petrichor By Sulphur”も含め、中盤の展開が結構好み。彼らの魅力がギュッと凝縮された作品に仕上がっていると思う。高値安定、貫禄の1枚。


Soilwork“Enemies In Fidelity”

2015/09/23 Wed. 11:50  edit

Category: CD/DVDレビュー:S

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/387-691894ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △