Fear Factory「Genexus」(2015) 

genexus.jpg

インダストリアル・メタルのヴェテラン、Fear Factoryの9th(デモ音源集「Concrete」(2002)を含めると10th)。レコーディングはBurton C. Bell(Vo)とDino Cazares(G)、Mike Heller(Dr)の3人(ベースについてのクレジットはなし)で行われているが、“Soul Hacker”のドラムはDean Castronovoが叩いている。

前作「The Industrialist」(2012)の出来がイマイチだったのでもう見切りをつける気満々だったのだが、何気なく手にとった雑誌のCDレビュー欄を見て新作のリリースを知り、購入。ほぼ惰性で買ったようなモンだが、やはり好きなだけに気になってしまうんだよなあ。

だもんで全く期待していなかったんだが、豈図らんや、これが良かった。刻みに刻む弦楽器隊とドラムスがシンクロしまくる音楽性は基本的に不変だがマシーナリーな感触は後退、もう一つの顔であるメロディックな要素が結構前面に出ている。これまでもそういう曲はアルバムに1曲は含まれていたが、今作ではメロディに重きを置いた楽曲の比率がグッと高まっている印象。“Regenerate”などは随分とポップな曲調(無論、Voも演奏もいつものあの調子ではあるが)。極めつけはボーナス・トラックで収録されている“Enhanced Reality”。アンビエント寄りのインダストリアル・ロックといった風情で、メタルですらない。

随所で挿入されるSE/シンセ類や、ちょこっとだけ現れるピアノ等も効果的。暑苦しい夏にピッタリはまる音楽ではあることも確かだが、それを差し引いても予想外のヘヴィ・ローテーションになっている。良い。


Fear Factory“Dielectric”

2015/08/19 Wed. 21:23  edit

Category: CD/DVDレビュー:F

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/383-a1b980b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △