Noel Gallagher's High Flying Birds「Chasing Yesterday」(2015) 

chasingyesterday.jpg

90年代後半にB!誌の熱心な読者であった私にとって「ギャラガー兄弟」というのはRavenのそれであって、Oasisではなかったのである。と言いつつRavenも全然聴いたことはないのですが。

今回紹介するのはOasisのギャラガー兄弟のお兄さんの方、Noel Gallagher率いるHigh Flying Birdsの2ndである。Oasisもマトモに聴いていないのになんで…という話だが、MTVでたまたま流れていたJohnny Marr参加曲の“Ballad Of The Mighty I”がとてもとても私好みの曲だったからである。これを聴いて速攻で購入。

本人曰く「今作は、凄くブリティッシュ」(ライナーノーツより)だそうで、もやっとした空気の向こうからぼんやりと浮かび上がってくるような雰囲気の中にほのかにサイケデリックな香りを漂わせつつ、ハード・ロック好きにもアピールしそうなハードボイルドなサウンドに仕立て上げている。

1曲目の“Riverman”を聴いていて、良い雰囲気ではあるが少し地味では?とも思ったがそこは天下のOasisでメイン・ソングライターだった人、キャッチーで親しみやすいメロディをしっかり織り込んできている。“The Dying Of The Light”“While The Song Remains The Same”といった強い叙情を感じさせる曲が良い。しかしまあ何といっても“Ballad Of The Mighty I”である。ニュー・ウェーヴというかポスト・パンクというか、もっと有体に言ってしまうとU2ぽいというか、こういうスケールの大きい曲調は大好きである。いくつかの曲で導入されたサックスも効果的。オススメである。


Noel Gallagher's High Flying Birds“Ballad Of The Mighty I”

2015/03/05 Thu. 21:14  edit

Category: CD/DVDレビュー:N

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/372-2b4179a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △