2014年の13曲。 

あけましておめでとうございます。今年も淡々とやります。

恒例企画その2。縛りは「2014年中に購入した音源から選ぶ」と、あと1つ「80分以内にまとめる」。長めの曲が多かった結果、曲数は13曲とやや少なめ。これで78分32秒。

曲名の後に収録アルバムを記載、クリックすると当該レビュー記事へ飛びます(レビューを書いていない一部作品を除く)。YouTuBeで公式動画が観られるものは動画も貼り付けてあります。

1. 水曜日のカンパネラ“ミツコ”(From「シネマジャック」



力強いサビメロが他の曲とは一線を画していて、とても好き。動画のヴァージョンはサビの一部等がカットされてやや短くなっている。


2. Squarepusher“Sad Robot Goes Funny”(From「Music For Robots」



なんとなく風雅な雰囲気の中にアンジェロ・ラッシュみたいなアホっぽい速弾きフレーズを差し挟んでくるのが良い。


3. Unheilig“Als Wär's Das Erste Mal”(From「Alles Hat Seine Zeit - Best Of Unheilig 1999 - 2014」



一時期は毎日のようにこれを聴いていた。Unheiligの曲、短いしサラッと終わってしまうことが多いのだが、アレンジの妙か、やたらスケールが大きい。


4. DAAU“Werkende Mieren”(From「Eight Definitions」



ほのぼのしているようで緊張感も感じさせるチェンバー・ロック。


5. Lunatic Soul“Gutter”(From「Walking On A Flashlight Beam」

Porcupine Treeインスパイアドな醒めた風合いの曲。洗練されたコクのあるVoが好印象。


6. Trioscapes“From The Earth To The Moon”(From「Digital Dream Sequence」

圧倒的な音と変拍子でガンガン迫ってくるジャズ・ロック。押しの一手に弱いメタラー/プログレッシャー諸氏にも。


7. Young Widows“Kerosine Girl”(From「Easy Pain」



邪悪さ満開のアメリカン・インディー・ロック。


8. Anathema“Ariel”(From「Distant Satellites」

7拍子のドラマティックなバラード。


9. Sia“Elastic Heart”(From「1000 Forms Of Fear」



ダンサブルなバック・トラックとリリカルなメロディの対比が印象的な曲。動画はライヴ映像。最初に貼ってたThe WeekndとDiploをフィーチュアした別ヴァージョン、この記事をアップして数日で消えた…。


10. Freak Kitchen“Freak Of The Week”(From「Cooking With Pagans」



めまぐるしい変拍子とキャッチーなメロディーが炸裂する疾走ナンバー。


11. The Novembers“Romancé”(From「Rhapsody In Beauty」)



日本のバンド、The Novembersの5thから。アルバムの中身はヴァラエティ豊かというか、なかなかのとっ散らかりぶりだが、その中で耽美主義的で繊細なこの曲は良いと思った。


12. Steve Rothery“White Pass”(From「The Ghosts of Pripyat」

繊細な前半とギターが唸りを上げる後半で曲調がガラッと変わるところがMarillion的。


13. The Chant“Come To Pass”(From「New Haven」



締めは神秘的な重々しさを持つこの曲で。余談だが「New Haven」のジャケットのデザインがとても好き。

2015/01/05 Mon. 22:18  edit

Category: 2014年の5枚+α

Thread: 音楽のある生活 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/367-bd24b999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △