Julie Slick + Marco Machera「Fourth Dementia」(2014) 

fourthdimentia.jpg

Adrian Belew Power TrioやKing Crimson ProjeKctへの参加でその名を知られるベーシスト、Julie Slickが、イタリア人ベーシストMarco Macheraとの連名でリリースしたアルバム。Julieの弟Eric Slick(Dr)をはじめ、Pat Mastelotto(Dr)、Sarah “Flossy” Anderson(Synth、Strings)がゲストで参加している。

Julieの1stソロ「Julie Slick」(2010)を持っている。ベースをブイブイ言わせた白昼夢とでも表現したくなるポスト・ロック寄りのサウンドで、曲によってはAdrian BelewやTony Levinからの影響が感じられる牧歌的なメロディが流れる作品だった。今回の「Fourth Dimentia」の方向性も、やはりポスト・ロック風味な白昼夢サウンドという点では同一路線。

ただ、楽曲を共作しているからか、BelewやLevin色は希薄になり、ストリングスを交えた疾走感が心地よい“Krush”や、ベース・デュオという特性を活かしつつ前半のふわっとしたサウンドと後半のベキベキしたそれの対比が鮮やかな“1986”、アトモスフェリックな“Overcome”等々、個性的な楽曲が並んでいる。特に後半は良い。ソロもそうだったのだが、楽曲毎のキャラの違いが鮮明で、ソングライティングにおいてなかなかに巧みな面を持っていると思う。


アルバムのプロモ。流れている曲は“Overcome”。

2014/10/03 Fri. 20:32  edit

Category: CD/DVDレビュー:J

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

cota様 こんにちは

久しぶりにスモークてんこ盛りのビデオクリップを観た気がします。
アトモスフェリックと言われるだけに、ゆらゆらと幽玄な音楽ですね。
ダイジェストだと思うのですが、後半に行くにしたがって
わななくギターが大きくなって不安感をあおる感じがかっこいい。

GAOHEWGII #- | URL | 2014/10/05 10:28 | edit

Re: タイトルなし

書き込みありがとうございます。

> 久しぶりにスモークてんこ盛りのビデオクリップを観た気がします。

あ、確かに(笑)。

曲は6分以上ありまして、編集の上、ラスト1分で展開が変わっているところはバッサリカットしています。あまり一般ウケするようなものではなくプログレッシャーにアピールする、という意味ですが、結構曲はいいと思います。

cota(管理人) #- | URL | 2014/10/06 20:58 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/357-fc8465da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △