The Chant「New Haven」(2014) 

newhaven.jpg

フィンランドのアトモスフェリック・メタル7人組による4th。

「なんかこう、Anathemaっぽいのが聴きたい」と思っていたところにYouTubeで偶然見つけたバンドがこのThe Chantで、このバンドのことを調べていて「Atmospheric Rock/Metal」というジャンルがあることを知った。もう少し掘り下げてみようと思いYouTubeで「Atmospheric Metal」で検索をかけたらブラック・メタルのバンドばかりが引っかかってしまい、ブラック・メタルのあの小汚いVoを1ミリ秒も聴きたくない私にとっては辛い。「Atmospheric Rock」で検索をかければいいのか、と思ったがいざ試してみるとソフト過ぎてソッチはソッチでまたなんか違うなあ。まあ、いいか。

動画を貼った“Come To Pass”が「A Fine Day To Exit」あたりの頃ののAnathemaっぽいなあと思ってCDを購入してみたが、いざ聴いてみると意外にも北欧というよりはアメリカンなテイストの乾いたサウンド。包装に貼られたシールには「Modern Atmospheric Rock」云々という文言と共にPorcupine Tree、Katatoniaと並んでToolの名前が挙げられていたが、特に前半で聴ける音はなるほどToolの影響下にあることを感じさせる。ただ、楽曲自体はマス・ロック色は皆無で、ひんやりとした手触りの、ゆったりとした浮遊感のあるもの。後半は、楽曲の傾向こそ変わらないものの、ポーランドのBelieveあたりに通ずるしっとりした感触が強まる。

アルバムのハイライトはやはりラストの“Come To Pass”。この曲が見せる神秘性にはかなり引き込まれる。同じような色彩の楽曲が並ぶためやや単調に聴こえるのが惜しいが、他の曲も個々で聴くと悪くない。全体的にはやや地味な印象が拭えないが、個人的には割と好き。


The Chant“Come To Pass”

2014/09/20 Sat. 10:35  edit

Category: CD/DVDレビュー:C

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

cota様 こんばんは

アトモスフィック・メタル、自分も知りませんでした。
動画の曲は大らかで大陸的なスケールを感じさせる
インストゥルメンタルで、北欧らしいシリアスな魅力がありました。
ご指摘の通り、ギターはかなりアメリカンですね。
メタリカのミドルテンポの曲にも通じる感じかも、と思いました。
かっこよかったです。

GAOHEWGII #- | URL | 2014/09/23 17:14 | edit

Re: タイトルなし

書き込みありがとうございます。Metallicaの“The Memory Remains”を今日たまたま聴いたのですが、言われてみれば確かに通じるところはあるかも知れません。

アトモスフェリック・メタル。日本のウィキペディアを見てみると「ポスト・メタル」の一群に入れられて、知りたい情報が全く得られないです。Katatoniaは少し聴いたけどそれほど響いてこないし、それ以外はことごとくブラック・メタル系だしで。Kscopeにこういうの、いそうだなあと思ってKscopeのサイトを少し漁ったらLunatic Soulというバンドがちょっと引っかかったので注文してみました。当たりだったらいいのですが。

cota(管理人) #- | URL | 2014/09/23 23:30 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/355-3baeff55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △