Sia「1000 Forms Of Fear」(2014) 

1000formsoffear.jpg

オーストラリア女性SSWの6th。国内盤が出ていない(2015/01/06追記:2014年12月24日に国内盤が発売された模様)ところをみると日本での知名度はイマイチと思われる(私もこれまで知りませんでした)が、このアルバムは本国オーストラリア及び米国、カナダでチャート1位を記録している。Christina AguileraやRihanna、Celine Dionら有名アーティストの作品にも楽曲を提供している模様。

まず何よりシングル“Chandelier”のPVで度肝を抜かれた。肌と同じ色のレオタードを着た女の子(アメリカのリアリティショーに登場した11歳のMaddie Zieglerという人だそう)が廃墟のようなセットの中で見せる尋常ならざる動きのダンスと荒んだ表情を見せる楽曲の醸し出す絶大なるインパクト。これはちょっと面白いのではないか、と。

アルバム全体で捉えてもおおよそ“Chandelier”の持つ、どうにも弾け切れない、閉塞感が息づいている。しかし重々しい空気の中に溜め込まれた熱量がどこか普通でない気がする。実は私、体調を崩して2週間ほど入院していたのだが、入院直前及び退院直後(つい数日前ですけど)はこれを聴いていても音が全く耳に入ってこなかった。作品が放つエネルギーの量が尋常でないため、不調をきたした体が受け止められなかったのだ。え、これがビルボード1位なんですか、という「そういうフィールドで評価される音じゃないだろコレ」感。

しかし少し落ち着いてから聴くと、さすが有名どころに楽曲を提供したりしているだけのことはある安定感が際立ってくる。“Elastic Heart”“Fire Meet Gasoline”などはウェットなメロディにフックがあって好き。“Chandelier”を聴いて気になったならアルバムに手を出しても損はしないのでは。


Sia“Chandelier”

2014/08/25 Mon. 17:27  edit

Category: CD/DVDレビュー:S

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/352-d6029209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △