Dream Theater「Systematic Chaos」 

systematicchaos.jpg


2年ぶりのスタジオ9th。エンジニアにRushの「Vapor Trails」でプロデューサーを務めたPaul Northfieldを迎え、いよいよRushへの憧憬がむき出しになっており個人的には微笑ましい(前作に引き続いてアートワークを手がけたHugh SymeもRushのアートワークを担当していることで有名)。

前作「Octavarium」が多彩な曲調で彩られたメロディック路線寄りの1枚だっただけに、今回がヘヴィな装いになるであろうことは容易に想像がついたが、大半の曲において「Train Of Thought」ほどのゴリ押し感はない。多分「Train Of Thought」の時よりもJordan Rudess(Key)の出番が多いからだと思う。おどろおどろしい音やヘンテコな音を一杯出して頑張っています。

「Train Of Thought」のマッチョさと「Octavarium」の滑らかさが同居しており、21世紀型Dream Theaterの現時点での総決算アルバムと言える。一度聴いただけでは今一つピンと来ないのに何回か聴いているうちに結構面白く感じられてくる「一見さんお断り」的芸風も基本的には変わりなし。CDの限界ギリギリまで録音するためだけに存在しているようなラスト2曲みたいなのはもう止めた方がいいと思うが、ブルータルに迫ってくる“Constant Motion”“The Dark Eternal Light”や、バラード・タイプの“Forsaken”など、比較的短めの曲はなかなかいい。“Constant Motion”のコロコロ疾走するパート、あれで一曲押し通してくれたら面白いのだが。

歌メロも含め、どことなく定番化という言葉がアタマをちらつくが、大したメンバー・チェンジもなしに20年近くやっていれば誰だってそうなる。むしろ89年のデビューからコンスタントに優れたアルバムを出し続けている律儀さこそ賞賛されるべきだろう。冒頭で憧憬云々と書いたが、アルバムの売り上げを除けば、彼らは徐々にRushの域に近づいていると思うよ。

近年、復活目覚ましいJames LaBrieのヴォーカルがよりパワフルになっているのが心強い。ライヴが楽しみだ。

++

余談だが、John Myung(B)の使用ベースがこれまでのヤマハ製6弦から、ミュージックマン製Bongoの5弦にチェンジしている。Bongoと言えば定価が30万とか40万とかするのに、個性的なデザインが災いしたか日本では全くウケず、昨年の今頃は物凄い値崩れを起こしていて、確か12~15万ぐらいで売ってた。

私は物凄く欲しかったのだが今持ってるIbanezの5弦を買い換えてまで手に入れる気もなかったし、何より試奏しに行った楽器屋でネックが反りまくってて弾けなかった、というのがあって買わなかったのだが、MyungがBongoを選んだのを機に値段が物凄い勢いで高騰する(ていうか、元に戻る)のは間違いないところ。つーか日本に在庫あるのか?ムリしてでも1年前に買っておくべきだったかのう。

2007/06/08 Fri. 23:00  edit

Category: CD/DVDレビュー:D

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

Chaos in Motion World Tour

Texas在住のパットンです.昨日Dream Theaterのliveに行ってきました.期待通りの素晴らしい内容で鳥肌立ちました.
 James LaBrieのボーカルは状態がいいようで声がよく出てました.曲名は忘れましたが,1曲だけ古い曲で最後の高音パートのフレーズを少し変えて歌ってましたが,他の曲では気になりませんでしたね.インストの部分ではタンバリンやマラカス?のようなものを振って頑張ってました.
 あとはJordanの活躍が目立っていたと思います.ショルダー型のキーボードを持って積極的に前に出てました.
 あえて難をつけるとすれば,以前cotaさんが指摘していたようにバッキングボーカルですね.曲によってMikeが入ったりJohn Petrucciが入ったりするのですが,特にPetrucciの歌が微妙な気がしました.
 Opening ActはCanadaのProgressive Death Metal Band(名前はわかりません)とRedemptionの2組でした.会場はソールドアウトで盛り上がりまくり."Constant Motion"の掛け合いもみんな完璧でした.アメリカ人は盛り上がり方が上手いです.最高に楽しめたliveでした.

パットン #- | URL | 2007/08/05 04:50 | edit

いらっしゃいませ。

レス遅れてすいません。

ラブリエ、アルバムでも調子良さそうでしたがライヴでも歌えているというのはいいですね。今回は2部構成3時間をやめたので、そういう意味でもコンディションを維持しやすいのではないかと。タンバリンはもはやお約束ですね(笑)。

ペトルッチと言えば「Metropolis Pt.2」のデモで“The Spirit Carries On”をペトルッチが歌っているテイクがありますが、マイキーがゲラゲラ笑いながら“Absolutely terrible!!”と叫んでしまうぐらい、ヘタです(笑)。アイツは歌わないほうがいいような。

正直、ここ数作からはかつての興奮を覚えなくなってきているのですが、やはりライヴは観ておきたいです。どうもありがとうございました。

cota #BqEwgRj. | URL | 2007/08/09 20:20 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/35-8c164e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △