非思量

Mats/Morgan「Schack Tati」(2014)

schacktati.jpg

スウェーデンのドラマー、Morgan Ågren(Agren)とキーボーディスト、Mats Öberg(Oberg)の2人によるユニット、Mats/Morganの9年ぶりとなるスタジオ作。以前から名前は知っていて、AgrenのドラミングならRaoul Björkenheim「Blixt」(2011)で耳にしたことはあるが、Mats/Morgan名義(Mats/Morgan Band含む)の作品を聴くのは初めて。

2人のデュオを主体としつつ大勢のゲストを迎えて製作されており、Obergのキーボードはある時はミニマル、またある時はキャッチーなメロディを弾き出したりと八面六臂の活躍ぶりだが、8bit系ピコピコ・サウンド+エスニック・ヴォイスという奇矯極まりない“The Swedes”を筆頭に終始その音色は乾いており、ポップなテイストの曲でもどこか歪な空気が色濃く漂う。モダン・ドラマー誌の2010年読者投票で1位になった(フュージョン・カテゴリー)というAgrenのドラムも随所で複雑な変拍子や手数の多いフレーズを叩き出しており、その歪さに拍車をかけている。

雰囲気が何かに似てるなあ…としばし考えたが、Minnemann, Brinkmann「Shining」(2010)もやはり、こういうシュールな空気を伝える作風だった。あと似ているというワケではないがSteve Vaiがふと脳裏をよぎったり。個人的な好みからするとフェードアウト気味に唐突に終わる曲が多いことでやや緊張感が殺がれているのが惜しいが、作品全体から滲み出るジャンルレスな感じが結構良い。


Mats/Morgan“Rubber Sky”

Newest

Comment

Leave a comment