Animals As Leaders「The Joy Of Motion」(2014) 

joyofmotion.jpg

ワシントンD.C.出身のトリオ編成バンドによる3rd。

このバンドの特徴はギター×2+ドラムスという変則的な編成であること。こういう編成を見ると個人的にはどうしてもCanvas Soralisを思い出さずにはいられないが、Animals As Leadersが更にヘンなのは、使用しているギターが8弦だということ。これでベースの音域もカヴァーしているそう。

前回紹介したA Sense Of Gravityを「1,2回聞き流してピンと来ずそのままになっていたが、ふとしたきっかけで聴き返してみる」きっかけとなったのが実はこのアルバムで、例えばこのテの、現代に繋がる技術至上主義ミュージシャンの始祖的存在の1つであるDream Theaterのように「色々やってるけど軸足はあくまでメタル」というのとはまた異なる「オレたちメタルだけどフュージョンをそのままフュージョンっぽくやってもいいだろ?」という節操のなさというか柔軟さが彼らの音楽に共通していて、それが何となく興味深く感じられたからである。

インストだからということもあるだろうが、Animals As LeadersはA Sense Of Gravityよりもさらに自由奔放にメタルの枠を飛びこえている。というか、正直、あまりメタルを聴いている感じがせず、ジャズ・ロック(曲によってはかなり重めだが)を聴いている気分になる。ザクザク刻むリフをフィーチュアしつつCanvas Soralisのようなトチ狂ったリズムと曲展開で聴き手を幻惑してくれるが、サウンドが割とクリーン志向なせいか。エレクトロニクスの導入にも躊躇はなく、このあたりも現代的。

個人的に気になるのはベースの不在。緊張とリラックスの対比が鮮やかな良い作品だと思うが、ジャズ・ロック色が強いパートではやや物足りなさを感じせる部分もあった。


Animals As Leaders“Air Chrysalis”

2014/05/31 Sat. 00:55  edit

Category: CD/DVDレビュー:A

Thread: HR/HM - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/345-ee013118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △