非思量

Yuka & Chronoship「Dino Rocket Oxygen」(2013)

dinorocketoxygen.jpg

女性SSW、船越由佳(Pf,Key,Vo,Cho)に田口俊(B)宮澤崇(G)田中一光(Dr)という3名のセッション・ミュージシャンを加えて2009年に結成されたバンドの2nd。

彼女らの存在を知ったのは今年冒頭にNHK-FMで4夜連続で放映された「新世紀プログレッシブの波」の第4夜に船越と田口が出演したのがきっかけ。この「新世紀~」、第3夜を除いて全て聴いたものの個人的にはあまり収穫がなかった印象なのだが、その中で第4夜ラストに流れたYuka & Chronoship“Cutting Gravity”のハードな調べはとても良いと思った。なので、放送が終わりきらないうちにアマゾンでMuseaリリースの輸入盤を購入。後から知ったが国内盤はライヴ音源をプラスした2枚組だったらしい。ぎゃふん。ちなみに2枚組は完売御礼とのこと。

Roger Deanが手がけたバンド&タイトル・ロゴ、13分+24分+18分の組曲3曲という構成。この2点だけで回顧主義的なプログレから極力距離を置きたい私としては通常ならスルー必至なアルバムで、実際ユーロ・ロック・プレスのアルバム・レビューは流し読みしただけでその存在すら忘れていた。ラジオで聴かなかったらまず死ぬまでこのバンドを意識することはなかっただろう。

ピアノ/キーボードをメインに据えつつギターも割と前に出てくる、インストがメインのシンフォニック・ロックというのが大雑把な印象で、ともすればクセのないYesのインスト・パートを聴いているような気分になる瞬間もあるが、アルバム全編これまさにプログレというサウンドながら、全編を聴き通した後は不思議なほどに先人からの借り物臭が薄く感じる。確かラジオで船越は「クラシックの勉強をしていてプログレのことは全く知らなかった」という旨の発言をしていた気がするが、そのあたりの出自が関係しているのかも。「ルーツがプログレ」なのではなく「ルーツがたまたまプログレの元ネタの1つだった」から必然的にこういう音になった、というか。

プロデューサーでもある田口がバリバリのプログレッシャーらしいのでこういう見方はさすがに穿ち過ぎなのかも知れないが、それぞれに個性の違いを見せる組曲の出来映えであるとか、聴いていて心地よいサウンドであるとか、成果物はトータルで素晴らしいものになっている思う。推奨物件。


アルバムのトレーラー。

Newest

Comment

シュン #eqP7eH0Y

案外

Yes系の音かと思いきや、プログレメタル調の曲が多い印象ですね。ところどころに演歌が入ってますけど。ちょっと捜してみます~!

2014/01/31 (Fri) 22:08 | URL | 編集 | 返信 | 

cota #-

Re: 案外

曲を作っている人が元々SSW系なんで、日本人が親しみやすいメロディ作りに長けているのかも知れませんね。書き込みを読んでいてふとYes「Talk」を思い出しました。マニアックにならない職人系。

2014/02/01 (Sat) 10:05 | URL | 編集 | 返信 | 

Leave a comment