Pryapisme「Hyperblast Super Collider」(2013)

hyperblastsupercollider.jpg

フランスの5人組による2nd。彼らの作品を聴くのは今作が初めて。

物凄く頭悪そう。最初に浮かんだ感想がコレ。思い浮かんだフレーズを後先考えず(実際は考えてるんだろうけど)に切り貼りした、フリー・ジャズのような無茶なインスト・メタル(少しだけ歌詞がある曲もあるがほとんど添え物扱いなのでインストと言っていいと思う)。これだけなら今時さして珍しくもなさそうだが、面白いというか若者らしいセンスというか、変わっているのはファミコンのような8bit系ピコピコ・サウンド(&猫の鳴き声)をこれでもかと投入しているところ。

ピコピコとブラストとその他SEが入り乱れていて聴いた後にグッタリする特濃アルバムだが、時々ひょこっと現れる人懐っこいメロディや騒々しい音が一瞬消えてソフトになる展開で一息つくことが出来る。意外と緩急がついていて、やはり何も考えてないということはないのだな、と。しかし一息ついたと思ったらまたピコピコとブラストとその他SEによるけたたましい地獄絵図が展開されてもう何をかいわんや。

ラストは“禿山の一夜”のカヴァーだが繰り広げられる音世界はオリジナルと変わる所はない。なぜか曲中、某日本人占い師を日本語でdisっていて、どこでこんなしょうもないネタを仕入れたのか知らないが、いずれにせよおかしなセンスで埋め尽くされた1枚であると言えよう。テクニカルなメタルが好きでバカっぽいヤツが許容できるなら是非。


Pryapisme“Un Druide Est Giboyeux Lorsqu'il Se Prend Pour Un Neutrino”

2 Comments

シュン  

なかなか

この強引な詰め込み方が好きですね。でも、このPVは酔います。車酔いみたいな感じで…

2013/12/22 (Sun) 08:43 | EDIT | REPLY |   

cota(管理人)  

Re: なかなか

意図的に悪趣味なPVに仕上げてますよねこれ。音だけ聴いててもずーっとこんな感じで酔いそうです(笑)。

2013/12/27 (Fri) 23:40 | REPLY |   

Leave a comment