RX「Heliosphere」(2013) 

heliosphere.jpg

石川俊介(ゼノン石川、B)と雷電湯澤(ライデン湯沢、Dr)聖飢魔IIのリズム隊プラス、聖飢魔IIでサポート・メンバーとしてキーボードやアレンジを担当していた松崎雄一(怪人松崎様、Key+Programming)からなるフュージョン・ユニット、RXの5th(ライヴ盤を含めると通算6枚目)。1st「Chemical Reaction」(1991)はオリコン14位とフュージョンとしては異例のヒットを記録し、収録曲はテレビ番組のBGMでもよく使われ(“S.T.F.”は日テレのプロ野球中継で使われていたらしい)、誰の曲かは知らなくても収録曲を耳にした事のある人は意外に多い作品である。「Rare' Xtra」というライヴ盤もリリースされていた。

その後は聖飢魔II解散後に3枚のアルバムと2枚のコンピレーションをリリース、以来リリースは途絶えており、「Heliosphere」は実に11年ぶりの新作となる。前述のようにRXはフュージョンを演奏するバンドで、その中でジャズやファンク、あるいはプログレ寄りに針が振れた楽曲/作品を作っていたが、全ての作編曲を松崎が行った今作は完全にプログレ。それも70s欧州シンフォを範とするそれである。複雑なリズムや重層的な曲の展開、シンセの音色やシーケンスがこう、ソッチ方面の非常に純度が高そうな感じ。これらの楽曲に和田アキラ、宮腰雄基、ルーク篁といったゲスト・ギタリストが華を添えている。

私が積極的に好んで聴くタイプの音楽ではないが、どの曲もかなり良いと思う。宮腰のヘヴィなギターが唸る難解なリズムの“db”が個人的には一番好きかな。このテの音が好きな人には非常にアピールするかも知れない。私が言っても説得力がないなら“From Dawn Till Dusk”に参加したKensoの清水義央がブログに記していた言葉を載せておこう。「曲自体が素晴らしかったので、レコーディングを進めて行くうちに、KENSOの曲を演奏しているかと錯覚するほどの思い入れを持つことができ、ベストを尽くしました。」

ここからはちょっと余談。

RXは活動休止中もデーモン閣下の邦楽維新コラボレーションに「黒船バンド」として参加しており、私は2004年8月に渋谷、あと2007年の2月に神戸で、それぞれ1回ずつ観ている。RXの曲も演奏され、渋谷の時は一噌幸弘の笛と望月太喜之丞の大鼓(おおつづみ)を交えての“S.T.F.”、神戸では福田千栄子(現・栄香)の筝を加えた編成で“信天翁”が聴けたのだがこれが絶品の出来だった。神戸の“信天翁”演奏後に三橋貴風(尺八。この人が邦楽維新コラボレーションのプロデューサー/言いだしっぺらしい)が「RXの曲は非常に高度で、一度彼らに作品を委嘱したい(ついてはスポンサーに心当たりがある人は連絡して欲しい)」と述べていた。

あれから早6年が過ぎたが、残念ながらスポンサーは現れていないようである。RXの歴代作品でも(特に1st)豪華ゲストが多数参加しているが、一度でいいから純邦楽系のミュージシャンを招いてアルバムを1枚作って欲しいと思っている。もしくは邦楽維新コラボレーションでの演奏したRXの曲のCD化。邦楽維新コラボレーションでの演奏は録音されているはず(“The Outer Mission”“鬼”がデーモン閣下のコンピレーションに収録された実績がある)なのでどうにか実現しないものだろうか。



RX“Nothern Lights”ギターは和田アキラ。残り1分のところでF/Oしている。

2013/10/26 Sat. 22:08  edit

Category: CD/DVDレビュー:国内あ

Thread: 聖飢魔? - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/323-992523ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △