Friend Roulette「I'm Sorry You Hit Your Head」(2013) 

imsorry.jpg

ブルックリンを拠点にしているVo(♂),G,Synth+Vo(♀),Vl+Bass Clarinet,Ewi+Per×2という特異な編成の5人組による1st。インディー系にありがちなややモヤッとしたサウンドと60年代のサイケデリックを祖とするような浮遊感のあるメロディの組み合わせ。チェンバー・ポップとかアヴァン・ポップに分類される音だと思う。

このテの音にありがちなほんわかぱっぱした雰囲気が支配的ではあるが、メロディは案外コシがあるし、基本プリミティヴでありながら奇数拍子やエレクトロな16拍子も顔を出すリズム、バンジョーやピアノも現れる多彩なアレンジ等、単なる脳みそお花畑系なだけではない聴き応えのある瞬間も多々あり。

どちらかというとタイトでシリアスな音が好きなのでこういう系統はあまり好きではないのだが、ほのかにではあるがスリリングなところもあり、通り一遍でない部分が私の好みに合ったのかも知れない。1、2回聴いておしまいではない、リピートに耐えうる出来。前述のように結構ヘンテコな編成のグループなのだが、こういう連中にはたまに侮れないのがいるんだよな。


Friend Roulette“On Her Own Tonight”

2013/10/22 Tue. 22:54  edit

Category: CD/DVDレビュー:F

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/322-1f361143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △