Blue October「Sway」(2013) 

sway.jpg

テキサス州ヒューストンで結成された4人組(Vo,G+B+Dr+Vln)の7th。自主レーベルからの発売で、ファンからの予約でレコーディング費用を賄う、現在インディー系ミュージシャンの間で流行のMarillion方式で製作された。

前作は良く出来ていたとは思いつつ“The Feel Again(Stay)”という一撃必殺の曲とその他大勢のちょっととっつき辛い曲、という印象が拭えなかったが、個人的に一番お気に入りな、シリアスに歌い上げる1stシングルのバラード“Bleed Out”以外にも、荘重な展開で聴かせる“Fear”や、柔らかくポジティヴなサウンドとメロディが印象的な“Things We Don't Know About”、打ち込みを使用してちょっぴりR&Bの香りを漂わせる“Light You Up”、サビでダイナミックなリズムを聴かせる“Things We Do At Night”等、全体的にクオリティ面での底上げがなされている。

ストリングスもフィーチュアした、ヘヴィネスを強調しないポスト・グランジ~アメリカン・ハード・ロック路線を継承しつつ、全体的に前作よりも馴染みやすい曲が増えたように思う。一部の曲ではさらにPeter Gabriel(或いはソロ転向後のFish)色が強まっているヴォーカルも前作より良くなっている。なおVoを除きGenesis色はゼロ。但しPeter Gabriel「So」「Us」に通ずるスケールの大きさや静謐さのようなものは結構強く感じられる。Rush「Presto」、或いはMarillion「Holidays In Eden」といった、カタログの中ではやや地味な佇まいを持つアルバムが愛せる人にはオススメできるかも。良い作品。私はこういうの、好きだ。


Blue October“Bleed Out”

2013/09/25 Wed. 20:45  edit

Category: CD/DVDレビュー:B

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/319-03527f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △