非思量

Queensrÿche(Queensryche)「Queensrÿche」(2013)

queensryche.jpg

Scott Rockenfield(Ds)、Michael Wilton(G)、Eddie Jackson(B)、Parker Lundgren(G)がCrimson GloryのTodd La Torre(Vo)を招いて結成されたRising Westが、Geoff Tateのバンド追放を経てQueensryche(以下QR)に名前を変えて製作されたアルバムである。以前のエントリで「どうせ初期の音楽性に戻るだろうから聴かない」と書いたが、まあ、やはり気になるので。

とは言え、正直、あまり期待していなかった。シングルの“Fallout”を聴いて「Operation:Mindcrime 2」(2006)収録の“I'm American”レヴェルの曲だよなあ…ぐらいの感想しか持てなかったので。しかし、購入して全体を通して聴いてみると案外悪くなかった。“Redemption”や“Vindication”、“Don't Look Back”あたりは結構カラッとしたメロディを聴かせており、「The Warning」(1984)や「Rage For Order」(1986)を思わせる冒頭の“X2”~“Where Dreams Go To Die”~“Spore”の流れよりも、個人的にはこっちの路線の方が好きかも。Todd La Torreのヴォーカル、全盛期のGeoff Tateと比較するとさすがに厳しいが健闘している。

全体的にはここ数年の彼らが採ってきた路線から、実はそう大きくは逸脱していないと思う。ただ、作品の色合いとして近いのは前述の「Operation:Mindcrime 2」及び「American Soldier」(2009)あたりのメタル色が強い作品で、かつてのファンを振り向かせるに十分な出来ではあろう。あとは新規のファンを掴めるだけの強力な楽曲(良いメロディも多いがもう一息)と潤沢なレコーディング資金(正直、音はやや薄っぺらい)。これらが揃えば未来は明るいのではないか。少なくとも「QRに求められている音」を理解し、実行しているのはコチラ側だろう。


Queensryche“Fallout”

Newest

Comment

Leave a comment