竹澤悦子「へちま」(2013) 

hechima.jpg

沢井忠夫/一恵のもとで筝を学んだ竹澤悦子(筝、三味線、笙、Vo)の1stアルバム。私の中で筝奏者というと、デーモン閣下の邦楽維新コラボレーションに参加していた福田千栄子(現・栄香)や、尺八+筝×2でプログレ色の濃いサウンドを展開するKokooのメンバーである八木美知依(Steven Wilson「Insurgentes」(2009)にも参加)のように、脱境界な活動を展開している人が多い印象(竹澤の師匠である沢井一恵にもフランス人コントラバス奏者、Jöelle Léandre〔Joelle Leandre〕との「Organic - Mineral」(2001)という、強烈すぎてどう接すればいいのか分からないインプロヴィゼーションの共作があるなあ、そういえば)がある。

今回紹介する竹澤悦子もやはりボーダレスな感覚を持ったミュージシャンのようで、この「へちま」も向島ゆり子(Vln)や坂田明(Sax、Vo)、板橋文夫(Pf)といった、これまた脱境界なミュージシャンを招いて製作された作品である。“耳はむ魚“はジャワ舞踊家の委嘱により作られた曲、恨-Han-”は韓国の伽倻琴(カヤグム)奏者、池成子(チ・ソンジャ)への憧れが基になっているとのこと。

全体的にアコースティックの凛とした音の響きが「和」を強く感じさせる作風ではあるが、その中にするっと入り込む各種異分子や趣のある竹澤の歌声が、緊張と緩和のコントラストを描き出す一助となっている。例えば“耳はむ魚”はクマナというインドネシアの青銅打楽器が深遠さを演出、坂田明のサックスやヴォーカルも味わい深い。その他の曲も個性的で、意欲的な作品だと思う。


竹澤悦子“Hi・Ka・Ri”

この動画はアルバムとは異なり、太田恵資(Vln)とのアンサンブルで演奏されている。

2013/07/26 Fri. 22:56  edit

Category: CD/DVDレビュー:国内た

Thread: 邦楽 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/314-515012e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △