非思量

きゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」(2013)

nandacollection.jpg

今や時代の寵児、と呼んでいいのだろうか。NHKアナでさえその名前を読む際に苦労するきゃりーぱみゅぱみゅの2ndフル。

“ふりそでーしょん”のPVを観てシュールな歌詞やメロディに魅かれて通常盤を買ってみたが、外国人が喜びそうなエキゾチシズムを内包した“にんじゃりばんばん”、クレヨンしんちゃんのOP“キミに100パーセント”、歌詞が何も言っていないに等しい“インベーダーインベーダー”“み”等、意外性よりもJ-POPとしてひたすらラヴリーかつキャッチーであることに焦点を絞ったアルバムである。“ふりそでーしょん”も改めて聴いてみるとサビ以外は割と普通だった。

最初は“ファッションモンスター”の出来が突出していると思ったが、洋楽エレクトロニカ臭が濃いこの曲がむしろ浮いてるのかな、と。ただ、“ファッションモンスター”がアルバムのハイライトとして君臨していることは間違いない。Capsuleのセルフ(と言っていいのか?)・カヴァー“Super Scooter Happy”やラストの“おとななこども”も、他の曲とはやや異なるクールな色彩を帯びていて良いと思う。

きゃりーぱみゅぱみゅの声質も含めて、おもちゃ箱をひっくり返したようなアルバム。ちょっと途中で辛くなる時間帯があることもまた確かなのだが、聴いていて思わず踊りだしたくなるようなフワフワしたムードが結構楽しい。

余談。“ファッションモンスター”を聴いていて思ったこと。最初はその奇抜なファッションから篠原ともえの現代版かな、と思っていた(可愛いし)が、そこはかとなく漂う甘酸っぱいテイストから何となく連想したのがレベッカ。未成年から支持を受けるガールズ・ポップ/ロックて、時代やスタイルが変わっても歌詞から滲み出る世界観はそう大きく変わらないものだが、だからといってレベッカを思い出してしまうというのは…トシだな。


きゃりーぱみゅぱみゅ“ファッションモンスター”

Newest

Comment

Leave a comment