非思量

Pamela Moore「Resurrect Me」(2013)

resurrectme.jpg

Queensryche「Operation:Mindcrime」(1988)に参加したことでメタル・ファンにその名を広く知られることとなった女性ヴォーカリストPamela Mooreの、ソロ名義としては4枚目となるアルバム。Solna「Eurameric」(2009)で共演したRalf Scheepersがゲストで参加している。

オルタナティヴ色が濃厚だった前作「Stories From A Blue Room」(2006)から一転、メタリックなサウンドが支配的。ハスキーで個性的な声と多彩な表現力を持つ人だがなんだかんだ言っても「The voice of Sister Mary」として名が売れている人、「コレがアタシの生きる道」と見定めたか。

とは言え、Radar「RPM」(2000)のサウンドを今風のヘヴィなものにアップデートしたようなSolnaとはまた異なる味付けになっている。サウンドはSolnaにも増してヘヴィネスを強調しており、メロディ・ラインは「Stories~」のオルタナ風味にメタルらしい高音を付け加えたダークな感じで、Radarのような、所謂メロハーと呼ばれる音楽性からは遠いところにある音楽、だと思う。

感心するのは、1stソロの発売が1981年だからもうそれなりにトシを食っているハズなのに高音の伸びが結構なレヴェルを維持していること。6年前、Queensrycheに帯同して来日した時のヴォーカルも大変良かった(「Mindcrime At The Moore」(2007)ではイマイチ調子が良くなさそうだったが)し、昨年、Todd La Torre側のQueensrycheにライヴでゲスト参加した動画を見ても、オーディエンス録音で不明瞭ながらなかなかの歌唱を聞かせていた。プロフェッショナルですなあ。


Pamela Moore“Paranoia”

Newest

Comment

Leave a comment