Brother Ape「Force Majeure」(2013) 

forcemajeure.jpg

スウェーデン産トリオの6th。とりあえず今「オススメは何?」と訊かれたらNik Bärtsch's RoninとDiablo Swing Orchestra、そしてこのBrother Apeを挙げることにしている。問題は「オススメは何?」と訊かれる機会が皆無なことだ。

で、新作「Force Majeure」。短めのイントロに続くタイトル・トラックがいきなりインストという意表を衝く展開を見せるが、全体を覆うメロディは前2作(「Turbulence」(2009)及び「A Rare Moment Of Insight」(2010))よりも温かみを帯びているというか、人懐っこくなった。口笛が鳴り続ける朗らかな“Doing Just Fine”や、見晴らしの良い景色を思わせる爽快な“Life”等、より広い層のリスナーを取り込めそうなキャッチーなメロディを持つ曲が多い。

3rd「Shangri-La」(2006)路線への回帰と取れなくもないが、「Turbulence」「A Rare Moment~」で確立した、シャキシャキしたタイトなリズムのアプローチもしっかり継承、モロに90125YesだったりGenesisだったりU.K.だったりしている部分があった「Shangri-La」とは異なり、(そのヘンの音楽性もしっかり咀嚼、消化しつつ)オリジナリティのあるサウンドに纏め上げている。前作「A Rare Moment~」を聴いて「ここがこのバンドの頂点だな」と思った(ただ、個人的には全体的にジットリした感触の「Turbulence」の方が好みだったりする)が、この「Force Majeure」こそがバンドの目指していた頂なのかな、という感じも受けないではない。

しかし、この売る気があるとは思えない(というか、こういう音を出しているとは想像できない)ジャケットは何とかならんもんか。バンド名にApeという単語を含んでいるからサル、というのはまあ、わかるのだけれど。メタル色希薄、ストリングスあり、タイトなリズム、繊細なヴォーカル、キャッチーな楽曲。音楽性が大きく変わったワケではないが、前作とは少し違った視点で聴くと良いかも。ハマれば中毒性は高い。


Brother Ape“Life”

2013/03/29 Fri. 23:20  edit

Category: CD/DVDレビュー:B

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/300-23806de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △