Doimoi@大阪Live Space Conpass(2013.3.2) 

Doimoiが3rdアルバム「Materials Science」(2012)のレコ発ツアーで大阪に来ることを知り、彼らを観られる機会というのもそうそうないだろうと思い、観に行ってきた。この会場、以前は鰻谷Sunsuiて名前でしたよね?5年ほど前、Sleeping Peopleのライヴを観に来たことがある(けど前座の時点で結構遅い時間になって、本命のSleeping~は観られなかった)ぞ。まさかここに再訪する日が来るとは。

前座で3組出ていたが、前の晩あまり眠れなかった上に当日昼間に阪神競馬場に突撃してフルボッコにされてヒットポイントが減っていたため、ロビーで椅子に腰掛けて酒をチビチビやっていた時間が長く、実はあまりちゃんと観ていない。すいません。ただ、3組目のVo兼アコギ+電気アップライトB+Dr+Key兼シェイカー兼木琴兼「先日ヤフオクで落札した(MCより)」鉄琴の4人組、キツネの嫁入りはその一般的なロック・バンドのフォーマットから逸脱した編成、Voのインタープレイ、奇数拍子の使い方等がプログレ者の琴線に触れるもので良かったと思う。

さてメインアクトのDoimoi。最初の一音で会場の空気を変えてしまう。とにかく音がデカい!轟音ステキ!轟音Rulez!特にベースの音、ありゃ何じゃろか。バスドラとシンクロしている時の「腹に響く感」が尋常ではない。昨年手術した腹の傷跡を抉られるようだった。ドラムの切れ味もかなりのもの。“円群”のイントロでは鳥肌が立った。リズム隊が良ければ演奏のクオリティは保障されたも同然。Genesis「The Lams Lies Down On Broadway」のTシャツを着た杉山明弘(G)のヴィジュアル込みでのストイック&ソリッド感や、歌い終わったら血管が破裂して事切れるんじゃないかというぐらいの絶唱を聴かせる二村泰史(Vo,G)のアツさも相当なものだった。Vo、この轟音の中で埋もれることがないんだから大したモンである。

曲目は「Materials~」全曲再現プラスアンコールで旧譜から3曲。前述の通り演奏は文句なし。ついでに曲が終わって次の曲が始まるまでに間が空いたときも杉山がギターで常になにがしか音を出し続けていて気の抜けた状態を作らないようにしていたことや、英語と外国人風カタコト日本語を交えた杉山のMCが面白い(そしてMCの間、何故か他のメンバーは決して杉山の方に視線を向けようとしない)のも良かった。豪放なサウンドの裏にある細やかさが印象的な、「フィールズ グッド、ヨイデス」なライヴだった。手軽なチケット代で気持ちよく轟音のシャワーを浴びたい方、お近くにDoimoiが来た際は是非。

2013/03/04 Mon. 17:23  edit

Category: ライヴレポ、雑記等

Thread: ライヴレポ・感想 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/298-c1a67b18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △