John Hollenbeck「Songs I Like A Lot」(2013) 

songsilikealot.jpg

The Claudia Quintetの首領John Hollenbeck、ソロ名義としては2010年の「Shut Up And Dance」以来となるアルバム。The Claudia~の「I, Claudia」(2004)以降、この人の作品も長いことフォローし続けているなあ、私。と言いつつ抜けも結構あるんだが(「Shut Up And Dance」も未購入だったり)。

さてこの「Songs I Like A Lot」であるが、The Claudia Quintet +1「What Is The Beautiful?」(2011)にも参加していたTheo Bleckmann(Vo)をはじめとして、Kate McGarry(Vo)、The Frankfurt Radio Big Band等の多数ゲストを迎えて製作されている。

タイトルからも推測できる通りカヴァー・アルバムで、選曲は“Wichita Lineman”のようなカントリーからおなじみQueenの“Bicycle Race”、テクノ・ミュージシャン竹村延和の“Falls Lake”等々、多彩そのもの。多彩過ぎて私には馴染みのない曲だらけ。数曲、YouTubeにアップロードされていたオリジナルと聴き比べてみたが、オリジナルの歌メロを尊重しつつ、流麗かつエモーショナルなコンテンポラリー・ジャズに姿を変えていることがよく分かる。美しいメロディ・ラインを持つ曲が選ばれているので、そこをあまりいじらなかったのは正解だろう。ラストの“Chapel Files”のみインストで、恐らくオリジナル曲。

元ネタの多くがヒット曲ということもあってか、The Claudia Quintetのような実験性よりもポップさが先に立つ作風。Kate McGarryのコケティッシュなヴォーカルが映える“Bicycle Race”もいいけど個人的にはImogen Heapのカヴァー“Canvas”が纏う天上界の美しさが非常に印象的だった。オシャレな感じでなかなか良いよ。

2013/02/24 Sun. 23:12  edit

Category: CD/DVDレビュー:J

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/296-1c0d9d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △