Balmorhea「Stranger」(2012) 

stranger.jpg

テキサス州オースティンを拠点に活動しているバンドの5th。結成時のメンバーは2名だったが現在は6人編成で、バンド名のBalmorhea(バルモレイ)はテキサス州にある小さな街の名前から取られたものだそうだ。

再生をはじめてまず耳に飛び込んでくるのはケコケコした響きのエレキ・ギター。こ、このギター・サウンドは…ポ、ポポポ、ポスト・ロックじゃあああ!ポスト・ロック、私はつまみ食いどころか匂いを嗅いだだけで「あ、これダメだ」と拒絶してしまったんだなあ。PeleやTortoise、Sigur Rosあたりを聴いてはみたんだがどうにもダメで(あ、でもSleeping Peopleの1stは良かったな)…。どうやらポスト・ロック/音響系からの影響というのはバンド自身も認めるところのようで、国内盤のライナー・ノーツには「彼ら自身も大ファンであるトータスのジョン・マッケンタイアのSOMAスタジオで2曲を録音」とある。

というワケでいきなり不安になったが、この作品、良い。ケコケコ・ギター云々と書いたオープナー“Days”もかわるがわる現れるスティール・パンやストリングス、男性コーラスが楽曲に奥行きを与え、“Dive”ではストリングスが力強く舞い上がるような旋律を奏でている。前半はストリングスを大々的にフィーチュアして荘重な空気を作り出し、後半はロック・バンド的なサウンドを指向した“Artifact”のように比較的アグレッシヴな曲をはさみつつ幻想的でソフトなサウンドを聴かせる。“Shore”などはその名のとおり、美しい浜辺をイメージさせる佳曲。

1つ1つの音が重厚な印象で、穏やかでありながら存在感のある世界を描き出している。楽曲のクオリティも総じて高い。睡眠時のBGMにも重宝できそうな1枚。


Balmorhea“Fake Fealty”

2012/12/28 Fri. 22:29  edit

Category: CD/DVDレビュー:B

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/290-0b750093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △