Aranis「Made In Belgium」(2012) 

madeinbelgium.jpg

ベルギー産チェンバー・ロック・グループの5th。前作「Roqueforte」(2010)でクレジットされていた8人のメンバーのうちドラマーとヴィオラ奏者が脱退、ピアノ奏者も交代してメンバーは総勢6名(Vln+Accodion+G+Pf+B+Flu)となっている。また、Trey Gunn(Touch Guitar)とPierre Chevalier(G)がそれぞれ1曲ずつゲスト参加している。

今回は趣向を変えて、母国ベルギーのチェンバー・ロック系ミュージシャン/コンポーザーの曲を録音したカヴァー・アルバムとして製作されている(1曲のみオリジナル)。オリジナルを除くと9名の曲が採り上げられているが、私が名前を知っているのはDaniel Denis(Univers Zero)とRoger Trigaux(Present)ぐらいかな。前者の曲は自身のソロ・アルバムから、後者はPresentの2nd収録曲が選ばれている。

カヴァー・アルバムではあるが、アルバムを聴いた印象としては前作とそう大きくは変わらない。アンサンブル重視かつダークではあるがドロドロした感じは皆無。Univers Zeroからドラムを抜いて少しノーブルなテイストを加えた感じ。オリジナルを全く知らないこともあって、純粋に新作として楽しめた。ドラマーの不在は一切気にならない。率直に言って、前作でもあまり存在感なかったからな…。

前にも書いたが「Songs From Mirage」(2009)の神秘性に強く魅かれた身なので、攻撃性でも神秘性でも暗黒性でも何でもいいから、もう少し針を振り切った方向性に舵を切ってくれると個人的にはうれしいのだが、今の「中庸ダーク・チェンバー」的路線のほうが支持は得られやすいかな。いずれにせよ、質は極めて高い。Wim Mertensという作曲家による、ミニマルなフレーズをフィーチュアした優雅な作風の2曲(“Gentlemen Of Leisure”“Salernes”)が非常に良かった。


Wim Mertens“Gentlemen Of Leisure”
Aranisが演奏しているテイクは発見できなかったので、参考としてオリジナルを。

2012/11/29 Thu. 21:59  edit

Category: CD/DVDレビュー:A

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/283-7520e0cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △