非思量

今沢カゲロウ@鳴門D-BOX(2012.11.17)

昨年は3月にThe Nationalを見る予定だったのが体調不良&東日本大震災でダメになり(振替公演はとても観に行けるような日程ではなかった)、今年は2月のUnivers Zeroが仕事が立て込んでいて、4月のDream Theaterが体調不良(公演日の3日後に緊急入院)で共に行けず…というワケで、今沢カゲロウのライヴが個人的には実に2年ぶりのライヴ参戦となった(ちなみに2年前に観たのは聖飢魔II)。

で、その今沢のライヴを観るのは実に4年ぶり。毎年鳴門に来てくれているのだけれど、忘れていたとか、行くつもりでいたけどうっかり酒を飲んで車に乗れなくなった(私の家から会場まで車で30分かかる)とかで何となく3回ほどサボってしまいまして。で、私が見ていなかった3年間に限り、通常の6弦フレットレス・ベースではなくフレッテッドのベースを使ってツアーしていて、今年から再び6弦フレットレスに戻したのだそう。今回のライヴ、フレットレスなのかフレッテッドなのか会場に来るまでわからなかったのだが、結果として貴重な機会を見逃していたことになる。サボるものではない。

それよりも大きなトピックは、今沢が1年前に左足に大怪我を負ったこと。何せフット・スイッチを駆使してのセルフ・サンプリングが彼のライヴでのキモの1つなワケで、公式サイトで「左足の機能をコンピューターに変換」という記述はあったが「はて、どういう風に?」と、どちらかと言うと期待よりも不安のほうが大きかったのは事実。打ち込みに合わせてベースをレロレロ弾いてるだけではひとつも面白いことなんかないわなあ、と。

ところがところが。実際のライヴは当方の不安を軽く吹き飛ばす凄まじいものだった。手元で操るリズムマシーン(?)及びフットスイッチ。この2つがやけにポップ、というかオモチャみたいなデザインで妙に気になった(調べてもアレが何なのかわからずじまい)がそれはともかく、それらプラスラップトップからなるデヴァイス類を駆使してトラックの一部をデヴァイスに任せつつ(但し曲のテンポは今沢の演奏で決まるのだそう。テクノロジーの進歩って凄い)例のセルフ・サンプリングは健在、彼ならではの情報過多なウォール・オブ・サウンド絨毯爆撃が炸裂。全然変わってねえ!

いや、変わってないてこたあないんだが、新しいシステムに飲まれることなく、使いこなすことで「今までの凄かったこと」と「新システムでできるようになった凄いこと」が当たり前のように融合していた。この期に及んでまだこれほどまでに進化の余地があったとはねえ…。まさに怪我の功名というか逆境をプラスに転じさせる強靭さ、そして日々の鍛錬の賜物であろう。彼のライヴを観たことがある人なら皆が知っている「メトロノームはクビ」ネタも進化しているんですよ。

第2部に組まれている恒例のセッションは若いG,Dr(たぶんまだ10代)と。1曲目はヤングな2名から明らかに緊張の色が伺えたが2曲目は結構良かった。ドラムのキックが達者だった、と楽器がろくすっぽできないクセに偉そうに書いてみる。客の数は多かったとは言えないが元々狭い会場だし、トーク等から全体的に密室芸的な匂いが漂うので、あれぐらいでちょうど良いのかもしれない(そりゃ多いに越したことはないけど)。それより何より雰囲気が良くて楽しかった。休憩中に物販のTシャツやCDを大人買いする人が出現。そばで漏れてくる会話を聴いているとどうやらベースを弾いている人らしかったが、初めて観たのだろうか。だとしたら相当な衝撃だったんだろうな。

かく言う私も最初期の、作った本人曰く「尖りまくっていて生意気な音」な2nd「Sci-Fi Basso + Live In Berlin」(1998)を購入、昆虫MCで出てきたミイデラゴミムシをジャケットの裏に書いてもらった。あと1枚、1stを買えばひとまずオリジナル・アルバムはコンプリートか?来年の物販で置いてあったら買うとしよう。

scifibasso01.jpg
ブックレット裏面のデザインに妙に馴染んでいる、写実的なミイデラゴミムシ。

Newest

Comment

The East Rice Field #5/9G6DNA

お疲れ様でした。

カゲロウさんの昆虫愛がひたすら伝わってくるライブでした。
また行きましょう。

2012/11/20 (Tue) 02:14 | URL | 編集 | 返信 | 

cota(管理人) #BqEwgRj.

また行きましょうそうしましょう。

あ、D-BOXのマスターのツイッターアカウントを発見したので、
そこからナニすればジャズのお姉さんの詳細がわかるかも
知れません。shuさんに丸投げしましたけど(笑)。

人間椅子の練習始めます。個人的にはKing Crimsonの
“Red”とかやりたいんだがムリじゃろか。

2012/11/20 (Tue) 21:54 | URL | 編集 | 返信 | 

Leave a comment