Marillion「Sounds That Can't Be Made」(2012) 

soundsthatcantbemade.jpg

イギリスのヴェテラン5人組の新作。アコースティック調にリアレンジしたセルフ・カヴァー「Less Is More」(2009)からは3年ぶり、オリジナルとなると「Happiness Is The Road」(2008)以来4年ぶりとなる。

1曲目の“Gaza”がヘヴィかつシアトリカルなイントロから唐突な場面展開を交えつつ演奏時間が17分半にも及ぶという、いきなり聴き手の忠誠心を試すような展開で個人的にはゲンナリしたのだが、80年代的な清冽な透明感を湛える“Sounds That Can't Be Made”~か細い音色がどこかうら寂しさを感じさせる“Pour My Love”~アルバムの中では最もシリアスでハードな“Power”という、2~4曲目までの短めの曲が並ぶところの流れはなかなか良い感じ。その後、曲の展開がいかにも彼ららしさ全開の“Montréal”、それぞれ「Happiness Is The Road」「Somewhere Else」(2007)収録曲に近い雰囲気の“Invisible Ink”“Lucky Man”を経て、ラストは繊細な長尺曲“The Sky Above The Rain”でクライマックス。

正直、このレビューを書くために聴き返すまではそれほど良い印象を抱いていなかったのだが、少しひねって2曲目から聴くと「あれ、ええやん?これ」と思ったし、1曲目も改めて聴くと場面ごとのメロディは悪くない。最後の曲は結構感動的。サウンドは洗練されているけどちょっと掴みどころがないかな…ぐらいにしか思っていなかったがそんなことはなかった。意外とキャッチーな面もある。勿論Marillionのことなので取っ付き易いとは言い難い(過去ヒットを飛ばしている割りに、その傾向は昔から変わらない)が、それでも近年の作品の中では掴みが強いほうだとは思う。


Marillion“Power”

2012/09/29 Sat. 23:50  edit

Category: CD/DVDレビュー:M

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/277-95092fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △