Sha's Feckel「Greatest Hits」(2012)

greatesthits.jpg

Nik Bärtsch's Roninのクラリネット/サックス奏者、Shaのリーダー・アルバムとしてはSha's Banryu「Chessboxing Volume One」(2008)以来2枚目となる作品。Sax+G+B+Drの4人編成で、2011年10月11日にチューリッヒのKaufleuten Hofで録音されたライヴ音源である。

編成こそRoninとは大きく異なるが、RoninのドラマーKaspar Rastがメンバーに名を連ねていることもあって、Banryuと同じくRoninの表層をなぞったような作風を想像していたのだが豈図らんや、確かに変拍子を多用している点はRoninに通ずるものの、しょっぱなの“Build Us A Rocket Then...”で放たれる暴力的なフレーズはむしろ第3期King Crimsonあたりを起源とするヘヴィなジャズ・ロックとしてのカラーが色濃い。Ronin同様肉体性の強い音楽ではあるが、ストイックなRoninに対してこちらはストレートにヘヴィネスを追求した音ゆえその有り様は大きく異なる。

Bruford Levin Upper Extremities「Blue Nights」(1999)に通ずるモノクロ・フィルムのようなカッコ良さが魅力、て伝わりにくいか。「Greatest Hits」なるタイトルは勿論ジョークだが、このテの音楽を愛好する筋にはベスト・アルバムを聴いているかのようにキャッチーに響く、かも知れない。ライヴ録音ならではの生々しい息遣いがダイレクトに伝わる良作。


Sha's Feckel“Massive Bereavement”

0 Comments

Leave a comment