Rush「Clockwork Angels」(2012) 

clockworkangels.jpg

カナダの至宝、通算19枚目。米ビルボードで2位を記録、デビュー38年目にして「Counterparts」(1993)と並ぶ過去最高のチャート・アクションを記録している。

私がこのアルバムの収録曲で一番最初に耳にしたのは“Headlong Flight”だった(既にYouTubeに上がっていた“Caravan”“BU2B”は敢えて聴かないようにしていた。ちなみに“Headlong~”は誘惑に負けて公式PVをつい見てしまった)。高音域も積極的に活用したVoや「Snakes & Arrows」(2007)にはなかったつんのめるような疾走感がかつてないほどに70年代のRushを感じさせる曲で「こんなのばかりだったらイヤだなあ」と正直思ってしまった。いやこれはこれでいい曲だけど、70年代のRushてVoから何から全部がキンキンしててどっちかっつーと苦手なのよ。

実際にアルバム1枚を通して聴いてみると、枯淡の境地を感じさせた「Snakes & Arrows」と異なり、全体が溢れんばかりのエネルギーに満ちている印象。このエネルギーがエッジの立った70年代の彼らを想起させているのかもしれない。曲調そのものはここ20年ほどのRushのフォーマットの延長線上にあり、取っ付き易いキャッチーなメロディは「Roll The Bones」(1991)「Counterparts」、穏やかな光を放ちつつ時に見せる、手で捏ね繰り回したようなトリッキーな曲の展開は「Test For Echo」(1996)を思い起こさせる。この頃のRushが一番好きな私にとっては非常に好ましい作風。そしてこの時期の作品にやや欠けていた(時代のせいもあろう)パワフルな感覚が加わり、またバンドとして新たな扉を開いた感がある。

「Snakes & Arrows」の時に「このままゆっくり老いていくのかな」と思ったがなんのなんの。このオッサンたち、まだまだやる気だ。若いバンドが裸足で逃げ出しそうなテンションの高さが素晴らしいタイトル・トラックが今年のNo.1チューン候補であります。Rush様の妙技を味わえ。


Rush“Headlong Flight”

2012/06/28 Thu. 22:45  edit

Category: CD/DVDレビュー:R

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/266-935874db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △